モゲチェックプラザ

MOGE CHECK PLAZA





住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの3秒診断

スポンサードリンク

モゲチェック デメリット

モゲチェック デメリット

 

住宅ローンを借り変える際には、メリットとデメリットを知っておくことは重要なポイントになってきます。

 

住宅ローンにおいて、借り換え先を選んで進めていくうえでのポイントになってくることもあります。

 

住宅ローンは、融資額の大小によっても得するローンが異なってきます。

 

融資の手数料についても定額と定率(融資額に比例)があります。

 

定率の手数料にすると、低金利のメリットが帳消しになるような多くの手数料支払いが

 

発生してしまうこともあるのです。

 

金利だけで決めてしまうことは出来ないという点も理解しておきたいものです。

 

住宅ローンは長期になるので、将来の金利変動なども考慮したり自分の収入の変化などの

 

リスクに応じた商品を選んでいく必要もあるためです。

 

借り換え先の選び方や進め方は重要なポイントになってきます。

 

借り換え検討の目安

 

メリットのある条件

 

住宅ローン残高1000万円以上

 

返済期間10年以上

 

金利差が0.5%から1%以上

 

借り換え前と後のローンの条件を、シュミレーションしてみて判断することも賢明です。

 

現状の返済と返済を節約できる可能性を検討すべきです。

 

借り換えの損得

 

借り換えの際に返済額がどれだけ減るかも大切ですけれど、借り換えに伴う

 

諸費用も考慮し総額支出での差を比較すべきです。

 

借り換えの主な諸費用

 

新規融資手数料、繰り上げ返済手数料、保証料、印紙税、抵当権設定登記費用、

 

団体信用生命保険料などです。

 

シュミレーションが面倒な方は専門家に相談

 

住宅ローンの借り換えにおいて損得の計算は複雑です。

 

モゲチェック・プラザで無料相談しましょう。

 

モゲチェック・プラザのメリット

 

全国120銀行、1,000本以上の商品から選択できる

 

専門家に申し込みの手続きを任せられる

 

新宿、銀座、横浜のモゲチェック・プラザで相談できる

 

住宅ローンの診断は無料

 

本審査通過後の成功報酬で借換えによるメリット額の10%で税別25万円以上50万円以下

 

借り換えでメリットとなる点は返済額を少なくできる点と金利を再選択できる点です。

 

モゲチェック・プラザのデメリット

 

住宅ローンの借り換えに諸費用がかかる点です。

 

借り換え手続きに手間と時間がかかる点です。

 

金利タイプの変更リスクのある点です。

 

しかし、借り換えの条件とタイミングが良いならうまくいくでしょう!

 

借り換えによって返済額を抑えられたならベストです!

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 

 

モゲチェック・プラザ


最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR