モゲチェックプラザ

MOGE CHECK PLAZA





住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの3秒診断

スポンサードリンク

モゲチェックプラザ 住宅ローン

 モゲチェックプラザ 住宅ローン

 

100万円も省コスト化!?

 

住宅ローンを借り換えるべき人の要件と留意点

 

『住宅ローンの借り換えで100万円以上もオトクになるの?』

 

要件によっては、月次の決済額はかなり少なくなります。

 

万が一月次1万円ほど、支払額が押し止める事が支障がなければスゴくないですか?

 

住宅ローンの借り換えとは、今現在お金を借りている銀行から、

 

違う銀行に乗り換える事。

 

でも如何にやって住宅ローンの借り換えをするのか、わからない事もあると考えます。

 

そんな訳で、見定め手段から注意すべきポイント、良いところ・悪い面について

 

解説していきます。

 

住宅ローンを借り換える長所とは

 

真っ先に住宅ローンを借り換える良いところは2つです。

 

償還額を食い止める事が可能な

 

利息を選択可能なあたりまえなのですが、支払うお金が

 

安価になるのが最大限の良いところです。

 

あとは、利息を固定か変化なのかを選定する事が可能なのも忘れないでください。

 

償還額を食い止める事が可能な借り換えによって、どれぐらい償還額を抑えられるのか

 

シュミレーションしてみました。

 

住宅ローン利息が1%低いだけで、総償還額が約220万円、

 

月次約1万円もおさえる事ができます。

 

借り換えるだけで、月次1万円も自由にお金が使えます。

 

住宅ローン利息が2%、3%で借りている人は、借り換えをしないとお金をすてている

 

ようなものなのです。

 

利率を再選択可能な2つめの良いところは、利率の再選択です。

 

要するに、移り変わり利息、固定利息を選択できるという事ですね。

 

すでに住宅ローンを借りられている方にとってはご存知かと考えますが、

 

各々の良い面・短所は、利息と危険性どっちをとるかです。

 

低利息をとれば、今後の危険性はある。

 

一方で今後の危険性をおさえると、利息はわずか高くなります。

 

万が一契約最初に想定していた利息の推移と異なっていたとしても、

 

住宅ローンの借り換え時に利率を再選択できます。

 

それ故、償還計画をより最適に見直す事ができます。

 

住宅ローンを借り換える悪い面とは

 

住宅ローンを借り換えると、お金を節減可能な長所があると解説しました。

 

では短所はあるのでしょうか。

 

住宅ローンを借り換える悪いところは以下の通りです。

 

借り換えには諸経費が生じてする

 

借り換えの申込み手順に手間と時が必要になる

 

利息タイプを修正する危険性がある

 

各々の短所について見ていきましょう。

 

借り換えには諸費相が現れてする

 

借り換えでは、色々な諸コストが現れてするという短所があります。

 

一番目に住宅ローンを借りた時にも諸経費が現れてしたと考えますが、

 

その諸出費をもう一度支払う必須があるのです。

 

諸出費の中身は以下のような項目です。

 

諸総額・新規融資手数料・繰上返金手数料・サポート料・印紙税・

 

抵当権設定出費(登記)・団体信用生命保険料新しい契約にそれに対し

 

生じてする新規融資手数料やバックアップ料などの手数料だけでなく、

 

年季の入った契約を途中で中断した事で現れてする繰上償還手数料

 

があります。

 

借り換えを現実にするのかは、この諸出費も考慮して思い巡らす

 

する不可欠があります。

 

返金額は安価になっても、諸コストの方が高ければ趣旨がないのです。

 

申込み手順に手間と時が必要になる

 

要するにめんどくさいんのが悪い面です。

 

多くの人がオトクになるのがわかっていても決行しないのは、めんどくさいからです。

 

一番目の住宅ローン契約も手間じゃなかったですか?

 

査定のために書類をセットてなど。

 

その上借り換えのケースは、新しい契約に対する申込み手順に加え、

 

オールド契約のキャンセル申込み手順も行う必須があります。

 

より手間と時がかかります。

 

借り換えを行う金融機構を調べる、金融機構に借り換えの折衝を行う、

 

書類を仕込みする、金融機構による査定、各種決済申込み手順といった

 

いくつかのステップを達成しなければなりません。

 

利率のタイプ改変の危険性

 

固定利率で契約していて、利息の下落が続いていた事例には、

 

固定利率から移り変わり利率に転換たいと思う人が多々あるかもしれませんが、

 

一度冷静に思いめぐらす 必須があります。

 

万が一借り換え後に、利息が上昇し開始出来たケースには、償還総額が

 

借り換え前より多くなってしまいます。

 

借り換えには諸総額が多く現れてするため、何度も借り換えを行う事が

 

できないため、充分にと未来を見越して、どの利息を選択すればいいのか、

 

充分にと考慮しなければなりません。

 

借り換えによって利率を再選択可能なという長所がありましたが、

 

選択を誤ってしまうと利率移り変わりの危険性の影響をまともに受けてしまう

 

事になる事が短所と言えるでしょう。

 

住宅ローンの借り換えの瞬間

 

では良い面と悪い面を解説しましたが、住宅ローンの借り換えは

 

どの瞬間で行うべきでしょうか。

 

まさしく実際なんです。

 

でも一体、なぜなんでしょう?理由を言えば2018年直近で、

 

住宅ローンの利息が過去と比較してものすごく低いからです。

 

ところで低利息になった訳は、日本政府による金融緩和施策の影響しています。

 

住宅ローンの利率は、2010年ごろから低下し続けていますが、

 

今後も金融緩和が続くサポートはないのです。

 

こちら20年前ぐらいの利率の推移です。

 

実際がかなり低いのがわかりますよね。

 

学生ご時世に一層勉学をしておけばよかったなぁと思うように、

 

『あの時住宅ローンの借り換えをしていれば、暮らしが楽になったのになぁ』と

 

思うようになってしまいます。

 

それにより2018年中に吟味される事をものすごくイチ押しします。

 

自然なのですが、住宅ローン利息が低くなっている時が

 

住宅ローンの借り換えの時期ですね。

 

住宅ローン借り換えを行うべき人の要件とは

 

住宅ローンの借り換えの機会は、低利率の時にするべきとご解説しました。

 

『では自らは、借り換えるべきなのか?』このように思われる方も

 

多々あると考えます。

 

そんな訳で次の3つのチェックポイントにあてはまる方は詳細に吟味するべきです。

 

住宅ローン残高が1000万円以上

 

償還期間が10年以上

 

借り換え前後の利息差が1%以上

 

利率については、例を挙げると住宅ローン専門のARUHI(あるひ)さんだと

 

2018年3月目下で1%をきっています。

 

他にもプライスコムなどで調査してみてください。

 

ではここで、どれぐらい安価になるのかを印象するために、

 

シュミレーションの例を解説します。

 

利率だけが相違ます。

 

では総返金額と月次の支払額の差異をみていきましょう。

 

返金総額が約50万円、月次の償還額が約5000円も違ってきます。

 

1%より安い利率の住宅ローン、返金額が一層あるケースなどは、

 

一層オトクになります。

 

後で延べしますが留意点として、住宅ローンの借り換えには諸経費が

 

生じてします。

 

それにより詳細に比較考量する時は、用心しましょう。

 

借り換えを行うにあたっての注意すべきポイントとは

 

住宅ローンの借り換えの注意すべきポイントとしては、諸経費も含めて

 

対比する事が最高です。

 

借り換えて高くなると意味合いがないですからね。

 

あと移り変わり利息に修正するケースは、危険性も理解しましょう。

 

利率が上昇してしまうため、今現在利率が低いからという訳で

 

移り変わり利息に借り換えると、1ヶ月当たりの償還額を抑制する事が

 

できても返金総額が増加してしまう確率があるので用心しなければなりません。

 

しかも、借り換えの事例には、ホームの財産長所の問題でスムーズに

 

契約が進まないケースがあります。

 

理由を言えば建ってから期間の経過とともに、家屋の財産長所が下がった事で

 

担保の値打ちも下がり、査定に影響するためです。

 

借り換えがうまくいかないケースも想定しておく必須があるでしょう。

 

借り換えがうまくいかないケースの対処法

 

借り換えがうまくいかない、心もとないな時には、プロに話し合いしてみましょう。

 

金融機構によって、住宅ローンの査定項目は大きくかわります。

 

そういう特色を知っている専門家にまかせると、より良い要件で住宅ローンを

 

借り換えられる確率があります。

 

そんな訳でイチ押しの金融組織や折衝窓口を解説します。

 

SBU銀行グループのサービス、モゲチェックプラザです。

 

サービス中身は、エキスパートが貴女にどの住宅ローンアイテムが

 

トップベストかを助言してくれます。

 

保険の窓口ではなく、住宅ローンの窓口ですね。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ


最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR