モゲチェックプラザ

MOGE CHECK PLAZA





住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの3秒診断

スポンサードリンク

モゲチェック 金利

 モゲチェック 金利

 

「モゲチェック・プラザ」で借り換えれば、

 

元銀行員が住宅ローン選択し・申請をバックアップ!

 

「平均480万円リーズナブル」というサービスの実力を検証!?

 

住宅ローンを借り換えるなら、どの銀行のどのアイテムが自身にとって

 

最適なのかを話し合い可能な、住宅ローン有料折衝が増加している。

 

中でも、2016年に登場した住宅ローンお店「モゲチェック・プラザ」は、

 

最先端の分析ツールを使って、元銀行員のエキスパートがベストの

 

住宅ローンを選択してくれるという徹底したサービスを展開。

 

「住宅ローンの借り換えが煩わしい」という人でも、お余裕に借り換えが可能な。

 

さらに、手数料は成功お金型で20万円の話し合い料が必要になるものの、

 

その結果、平均で驚いたことに480万円も償還額が削減されるという。

 

実際にそれだけの良い面があるのか、検証してみた。

 

住宅ローンの借り換えをアフターケアする有料話し合いサービスが増加中の訳とは?

 

2016年2月に日銀がマイナス利息方針を始動させて以降、住宅ローン利息は

 

歴史上最低水準に落ち込んでおり、住宅ローンを借り換える

 

千載一遇のチャンスが到来している。

 

けれども、問題はどの銀行のどのアイテムに借り換えるのがベストなのか、

 

とても理解いただけにくい事だ。

 

そんな訳で注意されるのが、このところ増大しつつある

 

「住宅ローンの有料話し合いサービス」だ。

 

 一般の人にとって、住宅ローンを借りるのは一生のうちに一度か二度くらい

 

しかない経験であり、その知識は全くないに等しい。

 

そして、「よく分からないし、煩わしい」と心積もりて、二の足を踏んでいる人もいるだろう。

 

そんな訳で、住宅ローンのエキスパートが、アイテム選択から借り換え申込み手順

 

の支援まで行うというサービスが登場しているのだ。

 

採り上げるのは、その中でも、元銀行のクレジット担当者が集まり、住宅ローン対比の

 

ための独自体系を製作してビジネスを展開している「モゲチェック・プラザ」に注意して、

 

料金に見合った借り換え支援サービスであるかを検証した。

 

モゲチェック・プラザの全体借り換えによる、支払削減額平均480万円を削減

 

(過去最大限は2200万円)モゲチェック・プラザの店頭対比対象の銀行数約120銀行

 

対比対象の住宅ローン数1000本以上アフタサービス月次のレポートで、

 

再借り換えもフォロ―アドバイザー料(はじめの折衝はフリー)・借り換え(成功インセンティブ)は、

 

利率削減額の10%。下限25万円、上限50万円(税別)・新規借入(成功見返り)は、

 

元金の1%、下限25万円(税別)【着目点】電話での住宅ローン折衝サービスを展開。

 

話し合いに応じるアドバイザーは全部、銀行・金融組織でクレジット業務を担当していた

 

経験があり、適切な忠告を用意可能な2、「モゲチェック・プラザ」では銀行出身の

 

住宅ローンの専門家が扱って!モゲチェック・プラザは首都圏でショップを展開する拡大挿絵表示 

 

初めに、住宅ローンお店「モゲチェック・プラザ」のサービスの中身を見てみよう。

 

「モゲチェック・プラザ」は、住宅ローンコンサルティング法人のMFSが2016年から展開している。

 

真っ先に、住宅ローンの借り換えを比較考量やりたい人は、首都圏でお店を展開している

 

モゲチェック・プラザで、フリー話し合いを受ける事が可能な。

 

電話での折衝もできるで、全国扱ってしている。

 

モーゲージスペシャリストと呼ばれる、銀行出身の住宅ローンのエキスパートが、

 

詳しい個人の属性などをヒアリングして、「月々どれほど償還額を減らせるか」

 

「どれだけ償還期間を短縮可能なのか」などを克明に教えてくれる。

 

ここまではフリーだ。

 

モゲチェック・プラザでは、オンラインで各銀行との申込み手順の進捗が見られる

 

 実のところに借り換えを支援してくれ人は、ここでコンサルティング契約をする。

 

料金は、成功支払で20万円(税別)。

 

契約時には借り換え長所額の判断基準を提示してもらえる。

 

さらに、査定に落ちて借り換えできない時は料金を支払う必須がないため、

 

普通には損する事はないサービスだ。

 

裏を返せば、話し合い要請を受けたらほぼ高い確率で借り換えを成功させる自信があるという事だろう。

 

ついでに、新規借入の住宅ローンのコンサルティング料は成功お金で25万円(税別)となっている。

 

 契約後は、モーゲージスペシャリストが、最適な住宅ローンの選定、いくつか銀行への申請、

 

書類作成支援、公的書類収集代理、必須であれば銀行との直接交渉なども行い、

 

有利な要件を引き出してくれる。

 

「申込み手順が煩わしい」と腹積もりている人には、大いに有用なサービスだ。

 

しかも、銀行出身者が交渉するので、住宅ローンの素人が交渉するよりも有利に交渉を進められる。

 

 今まで600人以上が話し合いに到来、そのうちの二分の一がコンサルティング契約を結び、

 

そのほどんどが借り換えに成功しているという。

 

「モゲチェック・プラザ」で住宅ローンを借り換えた人は平均480万円も支払プライスが減っている!

 

 

では、どのような人が折衝に到来ているのか。

 

モゲチェック・プラザ新宿で店長を務める大森賢一氏は、直近で、40人のユーザーの

 

住宅ローン借り換えを銀行と交渉中だ。

 

「話し合いに来られる顧客は、年齢も住宅ローンの残額も各々。

 

8000万円の住宅ローンの借り換えで2200万円の削減良いところを出した事もあります。

 

最も多々あるのは住宅ローン残額が2000万円から3000万円でしょうか。

 

弊社の助言で、実のところに住宅ローンの借り換えに成功した人たちの長所額は

 

平均で480万円ほどになります」と解説する。

 

実のところに大森氏が担当した事例を見てみよう。

 

 Jさん(仮名)は、ハウス買い物目的以外に、諸総額向け貸付金とリフォームローンの

 

合計3本を一緒に借りていた。

 

合計借入残高は2300万円だ。

 

使い道別に貸付金が分かれていた事と転職歴があったため、銀行の査定に通らないのでは

 

ないかと心もとないになり、モゲチェック・プラザに話し合いに到来た。

 

 折衝を受けた大森氏は、個人の特性から決断した最適な4つの銀行に合わせて申請を行い、

 

結果的にクレジットを1本に整理て借り換える事に成功。

 

元金的にもゆとりがあったため、償還期間も6年に短縮。

 

その結果、月の入金は2万3000円増加したが、総償還額は500万円も

 

削減する事ができたという。

 

住宅ローン借り換え良いところ500万円は自然!(モゲチェック・プラザの借り換え時)

 

借り換え前借り換え後返金期間20年14年借入額2300万円2400万円

 

利息2.4%/2.7%/4.7%0.5%利息タイプ移り変わり/変化/変化

 

変化月次の返金額12.4万円14.7万円総支払額3000万円2500万円どっちが安上がり?

 

―500万円リーズナブル! モゲチェック・プラザのWebページには、Jさん以外にも、

 

住宅ローン借り換えの良いところを手にした人たちの詳しい時が掲載されている。

 

平均480万円の借り換え良いところ額があるというから、借り換え良いところ

 

額500万円は、平均的な場合の一つといえる。

 

住宅ローン利率は歴史上最低水準であるため、借り換え良いところ額が

 

多額になりやすいばかりでなく、住宅ローンを借りている人の多くが借り換え予備軍となっている。

 

 しかし、一つの質問が残る。

 

エキスパートにお金を払って話し合いしなくても、一般の人が自身で安い住宅ローンを

 

見つけて借り換えれば、手軽にに、同じような良いところ額を出せるのではないか。

 

そう思い描く人も結構いるのではないだろうか。

 

 今や、オンライン上には住宅ローンに関連する情報が数多くある。

 

各銀行のホームページだけでなく、住宅ローン対比Webページも数多くあるので、

 

それらを応用して住宅ローン選択しができると思い描くのはもちろんだろう。

 

それだけに、コンサルティング料を支払う事に抵抗がある人も結構いそうだ。

 

 そんな訳で、「住宅ローンのエキスパート」に要請したケースの良い面をみていくだけでなく、

 

「一般の個人」が借り換えを行なった事例よりも、どれだけ借り換え長所額を

 

増やせるのかも、検証していきたい。

 

「モゲチェック・プラザ」のエキスパートに頼む長所(1)

 

全国約120の銀行の住宅ローンから対比可能な! 

 

過去最低水準という低利息を受けて、住宅ローンを借り換えようと熟慮している人は多々ある。

 

とはいっても、住宅ローンを用意している銀行・金融機構は、全国で1500近くもあり、

 

すべてを調査しきる事は到底無理だ。

 

それにより、対比するのを放棄してしまって、自分の手の届く範囲な銀行、

 

知っているアイテムで借り換えを比較考量する人が多々ある。

 

 けれども、知っている銀行、顔なじみの銀行が取り扱っている住宅ローンが、

 

実際にリーズナブルな住宅ローンであるか如何にかを知っている人は少ないだろう。

 

 そんな訳で、誰もが知っていて、ブームが高く、半官半民の住宅ローンとして

 

心配無用感もある「フラット35」について、検証してみよう。

 

 本当はフラット35は、多くの銀行や信金が取り扱っており、「利息」はほぼ横並びになっている。

 

各銀行が貸し出した住宅ローンは、住居金融支援機構が買い取る事になっているので、

 

アイテムに差はつけられず、利率も横並びになってしまうのだ。

 

では、どこに差があるのかというと、契約時に支払う「手数料」だ。

 

 地方銀行など、競争力がない銀行は、手数料として「借入金額×2.16%」をとっているが、

 

調査してみると、手数料が低い銀行は「借入金額×1%」を切るところもある。

 

中でも、手数料がトップクラスに安いのは、あまり馴染みはないが「良好住宅ローン」

 

というモーゲージバンクだ。

 

多くの地方銀行と、一流住宅ローンでは、手数料がどれだけ差があるのか

 

計算してみた。

 

住宅ローン「フラット35」の手数料は色々(借り換え、2017年3月現時点で、借換額3000万円)

 

銀行名多くの地方銀行良好住宅ローン手数料率借入額×2.16%借入額×0.66%

 

手数料65万円20万円どっちがリーズナブル??45万円も安上がり!

 

「フラット35は、ほぼ横並びの利息なので、どこで借りても一緒」と考え、手数料が高い銀行で

 

借りてしまうと、借り換えのときに45万円も高い手数料を払う事になってしまうのだ。

 

競争力がある主な銀行をすべて参考にしないと、どこの銀行が最もリーズナブルかは分からない。

 

 では、ブームの高い「フラット35」自体は、実際に安上がりなアイテムなのだろうか。

 

そんな訳で、借換額3000万円、借入期間30年という前提で、一段と安上がりな

 

借り換えアイテムがないのか探してみたところ、何個か該当するアイテムがあった。

 

その一つが「みずほ銀行の」住宅ローンだ。

 

下表は、フラット35と、みずほ銀行の住宅ローンを、総支払額で対比してみたものだ。

 

諸コストは、借り換え先の銀行に支払うものだけを対象とした。

 

借り換えるなら、どっちが安上がり?

 

(借換額3000万円、借入期間30年、全期間固定利率で試算) 

 

銀行名フラット35(手数料2.16%)みずほ銀行利率1.12%1.10%

 

総返金額

 

(A)3534万円3523万円諸費用手数料

 

(B)65万円3万円バックアップ料

 

(C)0円57万円団信保険料

 

(D)174万円0万円総支払額(A+B+C+D)3773万円3584万円どっちが安上がり?

 

―132万円安上がり! 

 

フラット35の利率は1.12%で、みずほ銀行の利率は1.10%なので、利息差は0.02%と、そんなに同じだ。

 

とはいっても、総支払額で比べると、みずほ銀行の方が132万円も安上がりという結果になった。

 

フラット35は諸経費が高く、特に団体信用生命保険料が174万円も必要になる事で、

 

みずほ銀行と大きな差が付いた。

 

みずほ銀行は全国に支店網があり、支店の近くであれば大都市でなくても住宅ローンを

 

借りられる見込みが高い。

 

 フラット35自体は、半官半民のアイテムという事もあり、全期間固定のアイテムとしては

 

そこそこの競争力があるのは確かだ。

 

ただし、ここ数年、民間の銀行も全期間固定にも力を入れスタート出来ており、

 

フラット35には、かつてのような必ず的な優位性がなくなっている。

 

民間の銀行に目を転じれば、お宝的な一段といい住宅ローンが影響するのだ。

 

借り換え先を対比せずに、自分の手の届く範囲な銀行に頼って決めてしまうと

 

損をしやすいので用心やりたい。

 

その点、モゲチェック・プラザで話し合いすれば、全国約120の銀行をカバーしている。

 

主要な銀行はすべておさえているといっていいだろう。

 

「モゲチェック・プラザでは、全国約120の銀行の中から、クライアントの状況に

 

組み合わせて絞り込みます。

 

現在では、借り換え前提や、過去の経験から、話し合いを受けた段階で

 

借り換え先の銀行の候補が直ちにに頭に浮かぶようになりました」(大森氏) 

 

120行をカバーしているだけでなく、毎日の経験が蓄積されてきた事も

 

大きな財産となっている。

 

一般の個人では到底こうした対比はできないだろう。

 

「モゲチェック・プラザ」のエキスパートに頼む良いところ(2)

 

単純な「利息」の対比ではなく、「総支払額」で対比可能な! 

 

住宅ローンを選定するとき、何といっても「利率の低さ」に注意すべきなのはいうまでもない。

 

利息が低い住宅ローンを探して、借り換えるだけであれば、さほど住宅ローンについて

 

細かいところまでなくても、水準を満たすまでの長所は出るだろう。

 

しかし、その長所額が最大限になるとは限定しない。

 

むしろ、少しばかりだけ利率が高い他行の住宅ローンをチョイスしてだ方が、

 

借り換え良い面額が数十万円も大きいという事すらある。

 

「そのような奇妙な事があるはずがない」と、思うかもしれないが、これは本当の事だ。

 

移り変わり利息でトップクラスの安さを誇る、「楽天銀行」と、「住信SBIオンライン銀行」

 

の住宅ローンでそれを実証してみよう。

 

 2017年3月時点の移り変わり利息は、「楽天銀行0.507%」、「住信SBI銀行0.447%」だ。

 

ありきたりなら、利息の低い住信SBI銀行に借り換えれば、より良いところが大きいと

 

誰もが思いめぐらす 。

 

 そんな訳で、時(1)として、借換額5000万円、借入期間30年という要件で、

 

各々の総支払額を試算してみよう。

 

場合(1) 利息は高いのに、楽天銀行の方が有利!

 

(借換額5000万円、借入期間30年で試算) 

 

銀行名住信SBIオンライン銀行楽天銀行利率0.447%0.507%月次の返金額14.8万円15.0万円

 

総償還額(A)5344万円5391万円諸費用(B)108万円32.4万円

 

総支払額(A+B)5452万円5423万円どっちがリーズナブル?―28万円安上がり! 

 

結果を見ると、驚く事に、利息が高いはずの楽天銀行の方が、総支払額で28万円も少なかった。

 

訳は手軽にだ。

 

総返金額(利息と資金の償還額の合計)はもちろん、住信SBIオンライン銀行の方が

 

少ないが、諸コストについては楽天銀行の方がはるかに安いのだ。

 

その結果、利率が高い楽天銀行の方がリーズナブルという、意外な結果になった。

 

 どっちの住宅ローンも、移り変わり利率であればトップクラスの安さを誇る

 

アイテムだけに、いずれを選択してでも借り換え長所は大きいだろう。

 

ただし、時(1)のような要件なのに、利息の低さだけを見て、住信SBIオンライン銀行を

 

チョイスしてでしまうと、借換良い面額を最大限化できないのだ。

 

それもこの時では28万円も差がある。

 

 ところで、以下のような時(2)の要件だと、利率が低い住信SBIオンライン銀行が、

 

順当にリーズナブルな住宅ローンとなる。

 

借換額1000万円、借入期間20年という前提で、総支払額がどんだけになるかを試算してみた。

 

事例(2) 利率が低い、住信SBIオンライン銀行の勝ち!

 

(借換額1000万円、借入期間20年で試算) 

 

銀行名住信SBIオンライン銀行楽天銀行利息0.447%0.507%月次の返金額4.4万円4.4万円

 

総償還額(A)1046万円1052万円諸費用(B)21.6万円32.4万円

 

総支払額(A+B)1067万円1084万円どっちが安上がり?17万円安上がり!

 

― このように、利息が低い「住信SBIオンライン銀行」の方が、総支払額で17万円少ない。

 

従って、借り換えをするなら、住信SBIオンライン銀行の方が有力だという結論になる。

 

 住宅ローンを選択する場合に優先すべきなのは「利率」である事は間違いないが、

 

住宅ローンに必要になる諸総額、つまり手数料やサポート料、団体信用保険料なども

 

考慮しないといけない。

 

しかもややこしい事に、諸出費は銀行やアイテムによってばらばらであるだけでなく、

 

借入残高や償還期間によって移り変わりする。

 

つまり、借り手によって、安上がりな貸し出しは違うという事になるのだ。

 

そこで、使用するべき指標は、試算の時に使った、「総償還額」だ。

 

「総償還額」であれば、利率、諸コストのどっちもをカバー可能な。

 

「利息は低いけど、手数料が高くて、実際に安上がりか分からない」

 

「手数料が数万円ポッキリで安いけど、利率が微妙に高い気がする」 

 

こんな時に、総返金額であれば、各銀行の住宅ローンの実力を知る事が可能なので、

 

どの住宅ローンが実際に安上がりか決断可能な。

 

 とはいっても、これは個人にとっては骨の折れる作業だ。

 

 一例を挙げれば、各銀行のWebページではシミュレーションツールを使って総償還額の試算が

 

可能なが、準備ている働きが銀行によって違うばかりか、的確な試算ができないWebページが

 

多々あるため、あまり使えない。

 

例を挙げると、民間の銀行は団体信用生命保険(団信)をフリーで付帯しているが、

 

「フラット35」は団信が任意のため、銀行のシミュレーションでは、団信を諸経費に含めずに

 

試算するものが全く。

 

団信の保険料は100万円を超える事もあるだけに、そもそも、総償還額が

 

どんだけになるかすら、的確に計算できない事が多々ある。

 

 その点、モゲチェック・プラザは、「顧客の借換額、借入期間にマッチして、

 

最適な住宅ローンを見つける事が可能な」(MFSの塩澤崇COO)という。

 

理由を言えば、主要な銀行の利率、諸コストなどのデータがあり、借り手の前提に応じて、

 

「総支払額」を的確に計算可能な仕組みも持っているからだ。

 

体系により、最もリーズナブルな住宅ローンを造作なくに探す事ができ、

 

その成果は先ほど見たように、数十万円になる事もある。

 

利率削減額の10%(下限25万円、上限50万円、税別)という住宅ローン借り換えの

 

コンサルティング料は、決して高くはなさそうだ。

 

「モゲチェック・プラザ」の専門家に頼む良いところ(3)

 

もっとも有利な利率で借りるための助言が受けられる! 

 

モゲチェック・プラザでは、最優遇利息を取得するための助言をしてくれる。

 

最優遇利息とは、銀行が借り手に反対に供給する最も低い利率の事だ。

 

銀行が表示している利率が1%であっても、年収が低かったり、転職したばかりで信用力が

 

不足している人だと、それよりも高めの利息でしか借りられない事がある。

 

助言により、利率がちょっとでも低くなる見込みがあるのであれば、どうぞ聞いてみたいだろう。

 

 実のところにはどういった忠告をしているのか。

 

例を挙げると、モーゲージスペシャリストは過去に色々な借入の場合を見ているので、

 

「年収が不足しているため最優遇利率を取れるか如何にかギリギリ」であれば、

 

前もってにそれが分かる。

 

万が一、最優遇利息をきっちりと取得やりたいのであれば、はじめから配偶者や両親を

 

連帯バックアップ人に設定して年収の合算をできるにしておくのがいいだろう。

 

こうした助言が可能なのは、モーゲージスペシャリストが全部、金融組織出身で、

 

クレジット担当についた事があるだけでなく、今の時代の査定のケースをふんだんに

 

見ており、データとして蓄積しているからだ。

 

「ケースバイケースなので、一概に最優遇利息で借り換えられるわけではないのですが、

 

うまくいけば利率は0.1%くらい下がるのではないでしょうか」と大森氏は話す。

 

 実のところに、利率が0.1%下がったらどれほど安上がりになるのか計算してみよう。

 

前提は、借換額3000万円、借入期間30年とした。

 

利率が0.1%下落は、どれだけリーズナブル?

 

(借換額3000万円、借入期間30年で試算)最優遇利息最優遇利息+0.1%

 

利率1.0%1.1%総返金額3474万円3523万円どっちがリーズナブル?

 

49万円リーズナブル!― 利率が0.1%下がるという事は、上述の前提であれば、

 

総支払額で49万円もリーズナブルになるという事だ。

 

モゲチェック・プラザの助言で49万円も総支払額が減少可能なら、利率削減額の10%という

 

コンサルティング料(下限25万円、上限50万円、税別)は大きな支出とはいえないだろう。

 

 さらに、査定に関しては、多彩な技術を蓄積している。

 

 査定が厳しくなると言われる自営業者や、転職して勤務期間が浅い人や年収の低い人、

 

定年を迎えたシルバー世代の時でも借り換えを諦める必須はない。

 

というのも、査定スタンダードは銀行によって微妙に異なるからだ。

 

査定が厳しそうな事例では、「査定が通る確率の高いいくつかの銀行に

 

住宅ローン借り換えの申込みを並行して行う」(大森氏)という扱って策も取る。

 

 その場合、1行ずつ査定結果を待ってから申込みをしていては、時がかかりすぎ、

 

融資が遂行される頃には最初の利息と大きく変わっている事例も考慮しられる。

 

それにより、いくつかの銀行で合わせて査定を申込んでおき、査定をパスした

 

中から前提の最もいいところを選べばいい。

 

いくつかの銀行に申請するのは骨の折れる作業だが、モゲチェック・プラザならば、

 

それを代理してくれるので気が楽だ。

 

他にも、病で団信保険に入れないと勝手に思いこんで、借り換えを放棄している方も

 

多々あるだろう。

 

「今頃はワイド団信という保険も登場しており、借り換えるチャンスが増大している」(同)から、

 

放棄しないで望むとしている。

 

 借り換えの難易度が高いと思って放棄している人でも、査定に通るテクニックがあるかも

 

しれないので、エキスパートのモーゲージスペシャリストに折衝してみてもいいだろう。

 

「モゲチェック・プラザ」の専門家に頼む良い面(4)

 

月次1回のレポートで、次の借り換えチャンスも逃さない!

 

モゲチェック・プラザのマンスリーレポート(見本)拡大イラスト表示 住宅ローン借り換えは、

 

一度、遂行したら終わりというわけではない。

 

借り換えた利率よりも、利率が下がり、借り換えコスト以上の良い面があるのであれば、

 

何度借り替えてもいいのだ。

 

 そんな訳で役に立つのが、モゲチェック・プラザの発行する「マンスリーレポート」だ。

 

借り換えを実現した後も、クレジットが完済するまで専任担当者が月次レポートを送り、

 

利息修正の瞬間やまたの借り換えチャンスを知らせてくれる。

 

「顧客の中には、月次のレポートがありがたいからと言って、借り換え良いところ額は

 

わずか3万円しかなかったのですが、わざわざ我社で借り換えされた方もいらっしゃいます」

 

(大森氏) このアフターサービスは、コンサルティング料に内蔵されている。

 

類似のサービスはなく、もちろんながら個人でこれを決行するのは大変骨が折れる作業であり、

 

続かないだろう。

 

仮に再び借り換えが実現可能なら、再び数十万円、数百万円の住宅ローン借り換え

 

良い面が実現可能な確率がある事を一考すると、とても安上がりなサービスだ。

 

 なお、コンサルティング料には、マンスリーレポートのようなサービス業務のほか、

 

貸付金申込みの一連の申込み手順のアフターケア業務も内蔵されている。

 

 住宅ローンの借り換えは造作なくなようで、実のところに申請と煩雑な手間が必要になる。

 

10から20種類の書類作成が不可欠なほか、例を挙げるとウェブから仮エントリーする

 

ケースであれば、画面から150項目ほど入力するため、項目の多さや、中身を解釈できない事で、

 

途中で中断する人も少なくない。

 

そのほかに提示が不可欠な書類を役所に取りにいかなければならず、最短でも数日必要になる。

 

多忙な人だと、書類を準備するだけで数週間必要になる事もあり、申込みを心積もりてから

 

遂行するまでに、2、3カ月はもう過ぎてしまう。

 

モゲチェック・プラザは、書類の入力代理だけでなく、委任状を渡せば、納税証明書や

 

住民票なども取り寄せてくれるので、申込み手順が煩わしいと感じる人にはいいサービスだろう。

 

「モゲチェック・プラザ」で専門家の考えを聞く事で借り換えの良い面をマックス化可能な確率あり!

 

 

以上、「住宅ローンの専門家」であるモゲチェック・プラザに折衝した事例に、「一般の人」が

 

自身で借り換えた事例に比較してどれだけリーズナブルになる確率があるかを検証してきた。

 

以下の4つの見所は、おっしゃる通り一般の人では応対できないものが多く、借り換え長所額を

 

ちょっとでも急上昇させる要因になる。

 

住宅ローンの専門家に借り換えを頼むべき要因!

 

全国約120の金融組織の住宅ローンから対比可能な!

 

単純な「利息」の対比ではなく、「総支払額」で対比可能な!

 

もっとも有利な利率で借りるための助言が受けられる!

 

月次1回のレポートで、次の借り換えチャンスも逃さない! 

 

モゲチェック・プラザを応用すれば、「借り換えの申込み手順が厄介だ」と心積もりている人でも、

 

手間なくに大きな良い面を得る事が可能な。

 

自ら一人で住宅ローンを探した時よりも、大きな良いところが獲得できるというバックアップはないが、

 

ここまで読んできたのであれば、一般の人では自らに最適で、借り換え長所額を最大限化させる

 

住宅ローンをピックアップする事がいかに困難化は体感できただろう。

 

住宅ローン選択しに迷ったり、困難と感じたら、モゲチェック・プラザの使用を

 

思い巡らすしてはどうだろうか。

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ


最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR