モゲチェックプラザ

MOGE CHECK PLAZA





住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの3秒診断

スポンサードリンク

モゲチェック 詳細

 モゲチェック 詳細

 

住宅ローンマッチングサービス〜モゲチェック

 

オンラインで住宅ローンをスムーズに

 

インターネットを用いた住宅ローンに特化したマッチングサービス

 

「モゲチェック」が注意されている。

 

同サービスでできるな事は2つ。

 

1つは、借り換えの可否の判定。

 

すでに住宅ローンを組んでいて、その返金を行っている人を対象としたサービスだ。

 

利息など、より有利なクレジットへの借り換えが、どこの銀行で何%の確率で

 

可能なかを見立てしてくれる。

 

所見手段は、10項目の質問に解答、今現在の貸し出し中身を入力。

 

その後、どこの貸し出しへの借り換えをやりたいかを選べば、同社のスペシャリストが、

 

貸付金選択の申請申込み手順から金融組織との交渉までアフターケアしてくれる。

 

もう1つは、新規ローンのエントリーバックアップ。

 

11項目の質問に答えると、最適なローン先を教授し、いくつかの金融機構での

 

査定パス確率とともに結果を提示してくれる。

 

こちらでもエキスパートのアフターケアを受ける事ができ、スムーズな融資を実現するのである。

 

質問の中身は年収、年齢、取得をお願いする住居の所在地など手間なくなもの

 

のみで構成されている。

 

製作を行った(株)MFS(本社:東京都新宿区西新宿)では、ほかにも住宅ローンの

 

借入できる額を算出するインターネットサービス「モゲスコア」を昨年5月から開始した。

 

本年7月からは、ケイアイスター不動産(株)と業務提携し、新サービス「モゲチェックPLUS」

 

も開始予定。

 

手っ取り早くな質問に答えるだけで融資確率、借り換え実現の確率が表示される 

 

全国140の金融機構の融資確率を算定し、完璧にオンライン上で融資申込み手順を

 

完結させる仕組みを用意する。

 

ユーザーにとってはより前提の良い貸し出しを手間なくに選択し、アフターケアを受けながら

 

エントリーをする事ができ、不動産エキスパートにとっては貸付金の申込み手順を

 

MFSにアウトソースし、業務を簡略化する事ができ、金融組織にとっては、貸付金の集客

 

を外部に任せる事で効率化する事が可能な仕組みだ。

 

モゲチェックは、サービス開始からすでに折衝件数2000件、媒介価格100億円を成し遂げる。

 

借り換えの良い面額(借り換えにより押し止める事ができたプライス)は平均480万円となっている。

 

現在まで住宅ローンについては、不動産エキスパートから勧められるままに決めてきた場合が

 

全くだろうが、モゲチェックの登場により、今後は自らでより有利な手法を造作なくに

 

ピックアップする事が可能なようになる。

 

スマートフォンからの操作もできる。

 

加えて新宿や銀座、横浜には、借り換え折衝が行える実お店「モゲチェックプラザ」もある。

 

融資確率がわかる住宅ローンマッチングサービス。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ


最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR