モゲチェックプラザ

MOGE CHECK PLAZA





住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの3秒診断

スポンサードリンク

モゲチェック 案内

 モゲチェック 案内

 

はじめての住宅ローン借り換え〜長所が出るのはどのような人?〜

 

ここ数年、住宅ローンが超低利息となっています。

 

契約時にゆとりがなく、ちゃんと比較考量する事ができなかった方も、時をかけて見直せるチャンスです。

 

どれほどの事例なら借り換えの長所が出るのでしょうか?

 

住宅ローン借り換えの良いところとは

 

借り換えを熟慮する場合には、如何にいった長所を求めて借り換えを行うか、目的を明確させましょう。

 

借り換えを行う目的は俗に次の二つです。

 

月次の返金額、総償還額を減らす

 

未来の償還額の上昇危険性を抑制する

 

では、各々の目的ごとに、どれほどの人にとって良いところが出やすいのかを具体的に見ていきましょう。

 

月次の返金額、総返金額を減らす

 

借り換える事で返金額に長所が出るのはどんなケースでしょう? 

 

俗には、 

 

・契約時の利息と目下の利率の差が1%以上ある 

 

・返金期間が10年以上残っている 

 

・クレジット残高が1000万円以上ある と言われています。

 

住宅ローンが超低利息になったのはここ数年。

 

3?4年前に借金をした方の事例、その頃、固定利率は1%を超えていた見込みがあります。

 

なお、借金時にバックアップ人が不要な「フラット35(長期固定利率住宅ローン)」を

 

活用している方も多々あるのではないでしょうか。

 

「フラット35」は契約タイミングによって利率が1%を大きく超え、2%台の事もあるので、

 

借り換えの良い面がでる見込みは十分あります。

 

最初に、ご自分の契約時の利率を参考にする事から開始出来ましょう。

 

具体的に利息の低下が月次の返金額に与える影響を、フラット35の事例で

 

シミュレーションしてみます。

 

契約時の利率と現時点での利息を比較してみて「1%以上」の差がなくても、

 

月次の償還額、総償還額には大きな差が出ます。

 

・4年前(2013年10月)データ 借金要望額 4000万円、利率1.61%、返金期間30年、

 

ボーナス時償還なし →月次の返金額 14.1万円 総償還額 5047万円

 

・今現在(2017年10月)データ 借金要望額 4000万円、利率 1.01%、返金期間30年、

 

ボーナス時償還なし →月次の返金額 12.9万円 総返金額 4639万円

 

シミュレーション結果から、利率差が0.6%でも4年前と今現在とでは月次の償還額、

 

総償還額に差が出るのがわかります。

 

とはいっても、借り換え時にはバックアップ料、印紙税、手数料などのコストがかかります。

 

金融機構によっても異なりますが、数十万円になるケースもあります。

 

諸出費は預金から負担支障がなければ良いですが、困難なケースには諸コスト分も

 

借り入れる不可欠があります。

 

最終的に、  今後の償還総額>借り換え実施後の償還総額+借り換え諸経費となれば、

 

借り換えた方が良いところがあるという事になります。

 

俗には、貸し出しの返金期間が10年以上残っている、あるいは貸し出し残高が

 

1000万円以上あれば、借り換えの諸出費を含めた償還総額が直近での返金総額より

 

少なくなりやすいと言われていますので、何とぞご本人の償還状況を見極めしてみてください。

 

今後の返金額の上昇危険性を押し止める

 

目下は変化利率型住宅ローンで借金をしていても、今後の利息上昇による

 

負担増を抑えたいと心積もりている方にとって、低利息が続く現在のうちに

 

固定利率型住宅ローンに借り換えるのは大きな良いところがあります。

 

最初にご自分の契約時の利息を参考にし、以下のWebページのシミュレーションツールを

 

使って長所が出るかを参考にしてみましょう。

 

「最初借入額」や「残存借入額」を見定めしてシミュレートしてください。

 

※ポイントWebページ:住宅ローン借り換え良い面シミュレーター 「モゲチェックweb」

 

低利息が続いているうちは移り変わり利率のままで、変化利息が上昇しスタート出来たら

 

固定利率の住宅ローンへの乗り換えを吟味しようと考慮している方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただし、固定利率は今後の変化利率の予見に基づいて変化するので、移り変わり利息が

 

上昇しスタート出来た事例には、固定利率の利息はすでに上昇してしまっている

 

という事例も想定されます。

 

早めの熟慮を心掛けましょう。

 

借り換えの目的や良いところは人各々で違うもの。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ


最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR