モゲチェックプラザ

MOGE CHECK PLAZA





住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの3秒診断

スポンサードリンク

モゲチェック web

モゲチェック web

 

はじめての住宅ローン借り換え〜借り換え進め方・長期マネー計画〜

 

住宅ローンの借り換え流れや、長期マネー構想にそった

 

貸し出し償還額、返金期間、利息タイプの決め方をご解説します。

 

住宅ローン借り換えの実施工程

 

住宅ローンの借り換えは、新たに住宅ローンを借金して、

 

今現在借金をしている住宅ローンを完済する事です。

 

ご自分で行う事もできますし、ファイナンシャルプランナーに話し合いする事もできます。

 

前編で解説した住宅ローン借り換え良い面シミュレーター「モゲチェックweb」の

 

コンサルティングサービスをしている「モゲチェックプラザ」では、専門知識を持っている

 

担当者に折衝する事ができ、借り換えのバックアップも受ける事ができます。

 

このような申込み手順代理サービスを使用する事もできるです(手数料がかかります)。

 

初めに借り換え先の銀行を選定する

 

「モゲチェックweb」に今現在の貸し出し情報を入力すると、

 

全国120以上の銀行のスタンダード利率を反映し、全銀行から借り換え

 

良いところがある銀行を選定してもらえます。

 

このようなシミュレーションツールを応用して、借り換えをする銀行を選りすぐる事もできます。

 

諸出費を含めた的確な費用は、各銀行に質問て検証しましょう。

 

<銀行選択しの極意>

 

利率が低い銀行(オンライン銀行など)→いくつか対比するときは

 

総支払額で対比してみてください

 

諸経費や繰り上げ償還手数料が安い銀行

 

手数料フリーなどのイベントをしている銀行

 

住宅ローン専門の担当者がいる銀行

 

お願いの銀行が決まったら、仮査定を注文する

 

仮査定では申請者の返金スキルや返金負担率(年収に満たす住宅ローン償還の比率)、

 

返金計画、その上信用力などが参考にされます。

 

気をつけないといけないのは、今現在の住宅ローンを組んだ時と申請者の状況が

 

変わっている事例です。

 

例を挙げると、転職して年収が下がった、違う職種になったなど状況の移り変わりが

 

ある時は、現時点ではクレジットを借りる事ができていても、新規クレジットの査定に

 

通らないケースもあります。

 

しかも直近1年間で住宅ローンの決済遅延がある時は、査定クリアが厳しくなります。

 

仮査定は、数日?1週間で結果が伝えられます。

 

銀行によって申込メソッドや不可欠書類が異なりますのでご配慮ください。

 

<住宅ローンの借り換えに不可欠な書類>

 

住宅ローン申込書・団体信用生命保険申込書兼アナウンス書

 

本人見極め書類(運転免許証、健康保険証など)

 

住民票・印鑑証明書・収入を証明するもの(源泉徴収票、確定申告書など)

 

物件についてのもの(登記簿謄本、売買契約書など)

 

住宅ローンについてのもの(住宅ローン償還予定表、償還口座の通帳のコピーなど)

 

書類によって取得先が異なります。

 

書類に不備があったり、提示できないと申込み手順に時がかかってしまうので、

 

ゆとりを持って支度しましょう。

 

仮査定がクリアしたら、本査定へ

 

本査定は銀行と信用バックアップ法人により、申請者の償還器量に加え、

 

担保物件や団体信用生命保険参加なども査定されます。

 

晴れて本査定をクリアすると、融資遂行の日程を決める事になります。

 

本査定の結果は1週間〜10日前後で出ますが、年末年始やGWなど金融機構が

 

休みになる時は時が必要になるので配慮が必須です。

 

査定に落ちてしまったら、その要因を銀行が教えてくれる事は普通にないのです。

 

銀行や信用バックアップ法人が申請者の信用質問をする時は、クレジットカード法人

 

などが共有する個人信用情報を検証します。

 

手数料を払えば、登録されている自らの償還履歴を検証する事が可能なので、

 

心もとないがある事例は本査定前に参考にする事もできます。

 

ある銀行の本査定に落ちても、別の銀行の本査定をクリアする事例もありますし、

 

クレジットカードの償還遅延履歴が更新されると心配なしになる事もあります。

 

借り換えの実施

 

本査定をクリアしたら、目下ローンしている銀行に「一括返金の申し入れ」をします。

 

しかも、借り換え銀行より融資プライスが振込まれた後、今現在のローン貸付金を

 

一括償還して、借り換えの申込み手順は終了となります。

 

俗に住宅ローンの利息は、融資遂行月のものが適用されます。

 

借り換え申込み手順に時が必要になると、利率が移り変わりし予定した影響が

 

見込めない事もあるので、瞬間を逃さないよう配慮しましょう。

 

長期のマネー計画(財源計画)から思い巡らすする

 

借り換えを思い巡らすする時は、この機会で長期のマネー構想を

 

立てる事をベストチョイスします。

 

その場合、知っておきたいのは「ハウス元金」の他に、「一生の三大財源」と

 

呼ばれている「教育財源」「老後財源」とのバランスです。

 

教育元金は我が子の年齢によって支出頃合や期間がわかるため、

 

必須価格を仕込みします。

 

一方、少なく予算がちなのが老後財源です。

 

どういった生活様式になり、それがどれだけ続くかもわからないため、試算も

 

面倒になります。

 

教育元金や老後元金に比較し、住処財源はただひとつ、自らで返金額や

 

期間をすり合わせする事ができます。

 

それにより、住宅ローンの借り換えを見定めするケースは、教育財源の負担が

 

いつ大きくなるのか、または老後はどこで如何に過ごすかなどあわせて一考する事

 

が大事です。

 

長期の財源計画を立て、教育財源や老後財源も心積もりながら住宅ローンの

 

借り換えを思い巡らすするケースの秘訣を整理してみました。

 

現時点で、養育費の負担が重い→利率差で月次の返金額を減らす

 

今後、養育費が増加する→固定利息に借り換えて心配無用を得る

 

老後の償還が気がかり→月次の返金額は同程度で、償還期間を短くする

 

たとえ月々の償還額が変わらなくても、長期的な視点で各々の事情に合う

 

借り換えを行う事が重要です。

 

ご本人だけでは決断が持て余す時は、プロであるファイナンシャルプランナーに

 

話し合いするのもベストチョイスです。

 

最後に、今度のコラムを監修いただいた、株式会社COCOPLAN代表 

 

ファイナンシャルプランナー藤井亜也さんからの助言をご解説します。

 

「懐具合の再考をするとき、想像以上に見落とされているのが

 

この“住宅ローンの再考”です。

 

支出の中で、おそらくお薦め大きな支出となるのが住宅ローンなのですが、

 

申込み手順のテクニックを知らなかったり、骨が折れるに感じたりと借り換えを

 

吟味されない方が多々あるのが現況です。

 

ただし、低利息のこのご時世、ちょっとでも利率の低い住宅ローンに借り換えを

 

する事で、かなりの影響が出ます。

 

採り上げるののコラムを再考のポイントにしていただければ嬉しいです。」

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ


最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR