モゲチェックプラザ

MOGE CHECK PLAZA





住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの3秒診断

スポンサードリンク

モゲチェックメディア

モゲチェックメディア

 

モゲチェック・メディアは、個人に合った住宅ローンの前提、チョイスするべき利息タイプ、

 

返金の仕方などの推奨情報お発送いたします。

 

住宅ローンの選択で困っている人に向けて、最適な選択の為の忠告となる情報を掲載。

 

MFSは、今後35年間の移り変わり利率型住宅ローンの利息予想を行い、

 

ユーザーの年収から利率耐久力を算出し、最適な利率タイプを判定する

 

フリーウェブサービス「モゲチェック利息見立て」を開始した。

 

住宅ローンの借り換えについて

 

持ち家と住宅ローン

 

「夢の持ち家」という言語は使い古されて久しいですが、国交省の公表によると

 

2017年度の持ち家系の新設住居着工数は53万件と、8年連続で50万件超えを維持しています。

 

そして、2013年度の持ち家比率は全国平均で61.7%(※1)。

 

まだまだ多くの家庭が持ち家を調達しているのが現代の日本社会といえます。

 

無論、そんなにの家庭は現金一括で邸宅を購買・・・とはいかず、

 

住宅ローンを組んで持ち家を買い物していますよね。

 

住宅ローンは俗にはホームショッピングの一環で比較考量するものなので、

 

不動産屋さんにお任せでクレジットの契約を結んだという方が数多く派かも知れません。

 

代表的な住宅ローンであるフラット35を活用してマンションをショッピングした人が借りた額は

 

全国平均で3476万円(※2)となっており、一般の個人が行う契約としては桁違いに高価です。

 

中には「いざハンコを押す瞬間は手が震えた」という方もいるのではないでしょうか。

 

そのような一世一代の住宅ローン契約でも、数年・十数年と時が経つと記憶も薄れていくもの。

 

契約するときには面倒に悩んだ「移り変わり利息か固定利率か」といった重大な選択も、

 

契約から数年経つと「あれ、うちは変化か固定かどっちだったっけ?」という方も少なくないと考えます。

 

ましてや、目下契約されている利率のパーセンテージを的確に理解されている方は

 

少数派ではないでしょうか。

 

一方で、市況の変化や政府・日銀の金融施策の影響もあり、住宅ローンの利率は

 

近頃とても低くなっています。

 

一例を挙げればフラット35の利息は、過去10年で最も高かった

 

2009年5月の3.07%に比較して、2018年12月は1.41%と二分の一以下です。

 

そのような低利率の状況でとても注意されているのが、「住宅ローンの借り換え」というトピックなのです。

 

詳細はこちら↓

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

モゲチェック・プラザ


最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR