モゲチェックプラザ

MOGE CHECK PLAZA





住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの3秒診断

スポンサードリンク

モゲチェック 求人

モゲチェック

 

求人

 

株式会社 MFS

 

日本初のサービスを提供する“住宅ローン×テクノロジー”のFinTechベンチャー

 

モゲチェック 求人 住宅ローンを不可欠とする人の、最も有利な前提でのローンや借り換えを実現!

 

“住宅ローン×技術”のFinTechベンチャーである、株式会社MFS(MortgageFinancialSolutions)。

 

モゲチェック 求人“個人懐具合の最大限支出である住宅ローンを、最先端のファイナンシャル・テクノロジーで

 

パフォーマンス化する”事を標榜し、日本初の住宅ローンマッチングサービス「モゲチェック」や

 

日本初の住宅ローンクレジットスコア「モゲスコア」、住宅ローンコンサルティングサービス

 

「モゲチェック・プラザ」を運営している。

 

モゲチェック 求人 日本の約1200万世帯が使用し、総額約200兆円にのぼる超巨大マーケットの住宅ローン。

 

多くのユーザーにとっては、生涯マックスのローンとなるインパクトの大きな影響だ。

 

にもかかわらず、「どの住宅ローンを選べばいいのか?」「実際借りている住宅ローンが最も有利なのか?」

 

「借り換えをすれば得するのか?」「繰上償還をしたほうがいいのか?」といったジレンマを

 

抱えている人が大いに多々あるといわれる。

 

モゲチェック 求人 そのきっかけは、中立的な、真に借り手の立場で最適な住宅ローンを

 

忠告するサービスが、日本には影響していなかったから。

 

個人に多額の財源を融資する住宅ローンの査定は厳しく、査定レベルなどは金融機構ごとに異なるため、

 

当該サービスを成立させる事は困難である事がその一因とされる。

 

米国では、住宅ローンの利息がちょっとでも下がると、一斉に借り換えが行われている。

 

モゲチェック 求人 それは、「モーゲージ・ブローカー」と呼ばれる専門プロが影響し、金融組織と

 

ユーザーの間に立ってユーザーに情報を供給し、借り換えを促進する産業を行っているから。

 

モーゲージ・ブローカーは約10万人影響していて、1兆円ほどの市場が形成されているといわれるほどだ。

 

同社を創業した代表取締役CEOの中山田明氏は、ベアー・スターンズ証券で日本初の

 

住宅ローン証券化に関わった後、新生銀行/新生証券で住宅ローン証券化チーム責務者として

 

5000億円以上の案件を組成。

 

モゲチェック 求人 その後、SBIモーゲージ(現・アルヒ)でCFOを歴任した

 

住宅ローンファイナンス&アナリティクスのプロフェッショナル。

 

「米国にあって日本にないサービスを日本でつくろう」と、同社を始動させた。

 

そのような同社には、住宅ローンやITのプロフェッショナルが集まっている。

 

モゲチェック 求人 取締役COOの塩澤崇氏は、モルガン・スタンレー証券で住宅ローン証券化商いに従事し、

 

モーゲージバンク設立やマーケティング戦略立案などに関わった。

 

その後、ボストン・コンサルティング・グループでメガバンクや証券、生保の国内営業戦略や外国進出などの

 

コンサルティングを手掛けた。

 

そのほか、一流企業金融機構出身の金融アイテムデータ分析のスペシャリストや、メガバンク/地銀出身の

 

住宅ローン実務スペシャリスト、開始膨れ上がるのCTO経験者、セールスフォースのスペシャリストなどがそろう。

 

こうしたメンバーにより、最先端のファイナンススキルとITを融合させる事で、“住宅ローンを不可欠とする人が、

 

最も有利な前提での借金や借り換えが可能な”サービスの製作・供給に取り組んでいる。

 

2020年までに取扱件数年1万件とIPOを目指す!

 

同社が供給するサービスは、次のとおり。

 

「モゲチェック」

 

年齢、年収、職種/業種、勤続年月、身内構成、自己元金、買い物物件所在地など

 

11項目を登録するだけで、全国140の金融機構の約1200本の住宅ローンの融資確率を推定し、

 

査定に通る確率の高い住宅ローンの中から利息要件のよいものを表示するサービス。

 

ユーザーはフリーで使用可能な。

 

「モゲスコア」

 

同じくに10項目を入力するだけで、住宅ローン借金に関連する信用スコアや借入できる

 

プライスなどを表示するサービス(活用フリー)。

 

「モゲチェック・プラザ」

 

対面もしくは電話で、住宅ローンのプロが金融知識と技術を応用し、

 

ベストな住宅ローンの借り換えの教授、および厄介な手続までバックアップするサービス。

 

査定に通った事例、借り換えにより浮いた値段の一定レートを成功見返りとする商いモデルで、

 

同社の収入源だ。

 

「フィンテックサービスは、金融機構側に課金するモデルが多くありますが、それだと金融機構への

 

利益誘導誘因が生じると考えます。

 

我社は、真にユーザーに寄り添ったサービスを実現させるため、金融組織に反対には中立的な立場に徹します。

 

それによりに、ユーザーに課金するモデルを導入しているのです」と塩澤氏は言う。

 

同社が日本でただひとつといえる一連のサービスを供給できるとしている要因は、大きく2つある。

 

1つは、先述のプロフェッショナル集団である事。

 

もう1つは、「モゲチェック・プラザ」で、如何にいった属性の人が、どこの金融機構において、

 

どのような住宅ローンの査定に通ったかといった実のところのデータを毎日、蓄積している事。

 

これにより、表示するスコアを毎日、精緻にしているのだ。

 

2018年5月現時点で、話し合い件数4000名、取扱高100億円を突破している。

 

今後は、2020年までに取扱件数年1万件とIPOを目指す。

 

「メガバンクは年3万〜5万件で、1万件だと地銀トップクラスです。

 

住宅ローン市場は年間100万件ほどですが、トップのメガバンクでも5%程度。

 

1%でも影響力があります。

 

その影響力を行使して、私ども限定の利息優遇アイテムをつくってもらい、その上ユーザーに良い面を

 

供給するといった取り組みをしていきたいと思っています」と塩澤氏は意気込む。

 

詳しくは公式サイトで↓

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ


最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR