モゲチェックプラザ

MOGE CHECK PLAZA





住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの3秒診断

スポンサードリンク

モゲチェック マイページ

モゲチェック

 

マイページ

 

オンラインと電話で完結、不動産出資クレジット借り換え代理サービスが正式新登場

 

モゲチェック マイページ フィンテックを応用した住宅ローンコンサルティングサービスを用意する

 

株式会社MFSは10月1日、オンラインと電話による非対面型の不動産出資貸し出し

 

借り換え代理サービス「モゲチェック・プラザfor不動産出資クレジット」の正式版を発表した。

 

モゲチェック マイページ 不動産出資貸し出しの借り換えを吟味する人を対象に、

 

住宅ローンの対比や借り換え代を同社が代理。

 

契約中の不動産出資クレジット前提をフォームへ入力する事で、利率の削減ができるか

 

如何にか手間なくにシュミレーション可能な。

 

金融組織出身のアドバイザーへ電話や会話で折衝する事もできるで、

 

来店無用のオンライン・電話型のサービスは日本で初めてという。

 

モゲチェック マイページ 同サービスではスタート出来ににサービスWebページから

 

物件・ユーザー情報を入力。

 

第二にアドバイザーによる電話所見を行い、借り替え先の金融機構を教授する。

 

不可欠な書類はマイページに急上昇ロード、質問点などはマイページ内の

 

おしゃべりツールでアドバイザーに質問可能な。

 

金融組織への煩雑な書類の仕込み・受け渡しもすべて同社が代理、ユーザーは

 

書類申込み手順の手間から解放され、金融組織の査定が完了次第、借り換えが行えるされる。

 

同社は金融機構からの解説料ではなく、借り換えが成立した時にユーザーから

 

コンサルティング経費を受け取る成功お金制で運営している。

 

それ故金融機構から利益誘導を受けずに、中立の立場をとる事が可能な。

 

モゲチェック マイページ 同社が助言したユーザーの借り換えが決行されたケース、

 

利息削減額の10%(下限30万円/税別)が、コンサルティング出費としてユーザーに生じてする。

 

6月1日からベータ版を出荷した本サービスは6月1日にベータ版で供給開始、3ヶ月で

 

話し合い件数は150件を突破し、最大限借り換え良い面額は2000万円に達したという。

 

モゲチェック マイページ MFSは、住宅ローン媒介サービスのリーディングカンパニーとして、

 

住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」を運営、住宅ローン借金・借り換えの

 

忠告や住宅ローン申請申込み手順のアフターケアを供給している。

 

その上、技術を駆使した住宅ローンマッチングサービス「モゲチェック」や住宅ローンクレジットスコア

 

「モゲスコア」といったWebサービスも展開中。

 

現在までに借り換え折衝件数3000件、利息削減額平均340万円、得心度94%

 

といった実績を上げている。

 

【サービスWebページ】モゲチェック・プラザ

 

詳しくは公式サイトで↓

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ


最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR