モゲチェックプラザ

MOGE CHECK PLAZA





住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの3秒診断

スポンサードリンク

モゲチェック 料金

モゲチェック

 

料金

 

モゲチェックの不動産出資クレジット借換折衝&アパートクレジットの利率引下げと

 

借換シミュレーション

 

地方銀行を中心として不動産出資貸し出しやアパート貸付金の融資が拡大しています。

 

2017年には不動産出資向けの融資がバブル期を超えたというニュースもあり、

 

会社が施設出資を控えて、銀行にとっての融資先がない中で不動産出資用の貸付金は、

 

高価の融資を行えるする事が可能な数少ない融資として、銀行によっては非常に力を入れて推進しています。

 

アパート貸し出しは他の銀行からの借り換えを行う事もできるとご存知でしょうか?

 

日銀のマイナス利息導入によって銀行の色々なクレジットは成り立ち的な低利息水準となっています。

 

(2018年現時点で)今までに借りた不動産出資向け貸付金の利率が高いと感じた事例には借り換えを

 

見定めするのも1つの手法かもしれません。

 

とはいっても借り換えには査定もありますし、コストもかかります。

 

このテキストでは不動産出資クレジットやアパート貸し出し借り換えの注意すべきポイントや

 

借り換えのやり方などについて徹底紹介をしていきます。

 

不動産出資貸付金やアパート貸し出しの借り換え折衝と交渉

 

不動産出資クレジットやアパート貸し出しは住宅ローンのように「借り換え貸し出し」などと

 

いうように銀行ホームページ上にアイテム中身が記載されているわけではないのです。

 

けれども、多くの銀行で不動産出資貸付金やアパートクレジットの借り換えの折衝に

 

応じてくれますし、借り換えによって利率が下がれば、ケースによっては1000万円を超える

 

ような利率分負担が減る長所が現れてする事があります。

 

不動産出資貸し出しやアパートクレジットを借りているという人は直近での利率情勢よりも

 

高いと感じた時には積極的に借り換えの折衝をしてみるようにしましょう。

 

パッケージアイテムはあまり影響しないため個別の交渉になる銀行のホームページの

 

アイテムラインナップに不動産出資クレジットやアパートクレジットなどが記載されていなくても

 

全くの銀行で不動産出資貸し出しやアパート貸付金の借り換えを行っています。

 

不動産出資クレジットやアパート貸し出しは住宅ローンなどと異なり、ビジネス財源に該当し、

 

加えてバックアップ企業がつかないエキスパートパーで融資される事がおおかたですので、

 

あらかじめ「利率が〇〇%」「融資限度額〇〇万円」などとは記載されていないのです。

 

ビジネス元金を銀行専門家パー融資で査定を受けるには?

 

担保より不可欠な事

 

信用金庫のエキスパートパー融資とサポート付き融資の差異!

 

査定レベルの対比と折衝から融資の流れそれ故、借り換えを要望するケースには、

 

色々な銀行へ自らで足を運び「借り換えはできるか」「利率はどれだけ下がるのか」という

 

借り換えの折衝をする事が普通な借り換えの方法になります。

 

不動産出資貸し出しやアパートクレジットの借り換えシミュレーション

 

不動産出資貸付金やアパート貸し出しを目下借りているという人は初めにどれほどの

 

良い面が出るのかお手元に償還予定表を提供してシミュレーションをしてみましょう。

 

シミュレーションは造作なくなやり方を覚えれば自身でも直ちにに行う事ができます。

 

利率差だけの借り換え決断はダメ借り換えには手数料や登記経費といった諸総額が生じてします。

 

このため、単純に利率が低くなるからその利率差が丸々良い面になるというわけではないのです。

 

シミュレーションのときにはこれらの諸経費も加味した上で行うようにしましょう。

 

借り換えには諸出費が必須不動産出資クレジットやアパートクレジットの借り換えに不可欠な

 

諸総額は、以下のようなものが挙げられます。

 

登記経費:登録免許税(借入額の0.4%)、司法書士見返り(5万円?10万円)

 

不動産担保チェック手数料:10万円+支出税くらい(銀行によって異なる)

 

それ以外のコスト:収入印紙代など

 

シミュレーションの場合には今現在の不動産出資貸付金やアパート貸し出し残高に

 

これらの諸総額を足した上で、借り換え後の不動産出資貸付金やアパートクレジットの

 

返金額と対比する不可欠があります。

 

実のところにシミュレーションを行ってみよう1億円を35年返金で利息2.5%で借りた

 

アパート貸付金を借り換える事例を腹積もりてみましょう。

 

詳細は以下のようになっています。

 

最初借入額最初借入期間借入利息月次償還額残り返金回数目下残高1億円

 

35年2.50%357495円300回79688298円?直近で残高を理解このアパートクレジットの

 

直近での残高は79688298円となります。

 

この現時点での残高がシミュレーションを行う上で総てのスタンダードとなるため

 

償還予定表から今現在の残高をちゃんと検証するようにしましょう。

 

諸コストを算定

 

次の諸出費を算定しましょう。

 

登記総額

 

登記経費は登録免許税が大きくなります。

 

登録免許税は借入額の0.4%です。

 

不動産出資クレジットやアパート貸付金の借り換えは諸経費を現時点での残高に

 

添加した価格を借り換えるため、借り換え前の残高よりも、借り換え後の借入額の方が大きくなります。

 

このため、登録免許税の計算は現時点での残高の端数を切り上げて計算すればよいでしょう。

 

この事例には借入額8000万円として計算しておけばよいでしょう。

 

登録免許税=8000万円×0.4%=32万円司法書士見返りが10万円と想定すると、

 

登記経費は約42万円です。

 

不動産担保質問手数料=108000円諸費用合計で528000円となります。

 

借り換えは、不動産出資貸付金やアパートクレジットの残高と諸出費を足した代金を

 

借入残高とします。

 

アパートクレジット残高79688298円+諸出費見積額528000円=80216298円

 

アパート貸し出しは1万円以上からが融資額ですので、この事例には8020万円で

 

借り換えを行うのが一般的です。

 

厄介ですので8000万円で借り換えをする大家さんもいるかもしれませんが、

 

今度は8020万円でシミュレーションを行います。

 

計算Webページから0.9%で借り換えたケースのシミュレーションを行っていきます。

 

「借入金額」「利率」「返金期間」を各々入力していきます。

 

あくまでもシミュレーションですので利率は借入最初から25年間変わらないという想定で構いません。

 

「計算」ボタンをクリックするとシミュレーション結果が表示されます。

 

残り期間を同じにして、利息を0.9%へ引き下げた時には月次返金額は298.635円へと下がりました。

 

実に1ヶ月に6万円近く償還額が減少した事になるため、いかに利率分負担が馬鹿にならないか

 

よくお理解いただけいただけるかと考えます。

 

借り換えをしないケース借り換えをする時利息2.5%0.9%月次返金額357495円298935円

 

完済までの利率分負担額27560202円9390336円さらに、借り換えは償還期間を短くする事もできるです。

 

返金代金を借り換え前と同じにして、利率を0.9%へ引き下げる事例には償還回数は

 

246回へと短縮する事ができるです。

 

借り換えをしないケース借り換えをする時利率2.5%0.428%償還回数300回246回完済までの

 

利率分負担額27560202円7647072円月次償還額を変更しずに返金期間を短くして

 

借り換えを行った事例です。

 

返金回数が短くなった分だけ金利分負担は他にも少なくなり、驚いたことに完済までの

 

金利分負担の異なる点は約2000万円にものぼります。

 

借り換え先銀行の探し方

 

不動産出資クレジットやアパートクレジットは住宅ローンのように銀行が大々的に

 

広告を出している訳ではないのですし、対比Webページがあるわけでもないのです。

 

それにより、どの銀行での借り換えで利率がどの程度になるのかという事の予見が

 

容易にはいかないのが実情です。

 

不動産出資クレジットやアパート貸付金の借り換えをお願いする時には、

 

どのように借り換える銀行を探したらよいででしょうか?

 

モゲチェックなどを応用する全国の銀行から最適な住宅ローンをマッチングしてくれる

 

サービスである株式会社MFSの「モゲチェック」は、不動産出資貸し出しや

 

アパートクレジット借り換えの助言書の組み立てから金融組織へのエントリー申込み

 

手順の代理まで行ってくれます。

 

モゲチェックの申込み手順はフリー所見と有料サービスに分かれています。

 

フリー見立て

 

クレジット情報をモゲチェックに提示し、再検討メソッドや借り換えによる良いところ額を

 

「教授書」によって提示してくれます。

 

この時点では具体的な金融組織名などは教えてくれません。

 

有料構想

 

不動産出資貸付金やアパート貸し出しの借り換え申込み手順を遂行します。

 

書類収集やエントリー申込み手順などはほぼ全部モゲチェックが代理してくれます。

 

有料ブランの料金は利息削減額の10%(下限30万円)と成功お金制になっています。

 

「不動産出資の貸し出しを借り換えたいけど、どこに折衝に行ったらよいか分からない」

 

という人はモゲチェックなどのサービスを活用するのも1つのテクニックです。

 

手数料は利息削減額の10%と決して安価にはないのですが、先ほどのシミュレーションでも

 

分かるように代金の大きな不動産出資貸し出しは、金利分負担だけで1000万円以上の

 

相違が出る事も全く滅多にないのですので、手数料を払っても十分な良いところが望めるでしょう。

 

近くの銀行へ持ち込んでもできる近くの銀行へ返金予定表を持参して折衝に行く事もできるです。

 

おおかたの銀行の不動産出資クレジットは、プロパーローンになっているため、

 

あらかじめ利率が決まっているわけではないのです。

 

このため、不動産のありがたみや家賃の収入状況や入居率などによって借り換えで

 

教授される利息は異なります。

 

初めに返金予定表やアパートの登記簿謄本を持って折衝に行き、借り換えの前提を理解しましょう。

 

ここで教授された利率を開始にして、モゲチェックのフリー所見などを応用してもよいかもしれません。

 

10%の手数料をモゲチェックに払う事が得になるのか損になるのかが具体的に

 

心象可能なのではないでしょうか?

 

不動産出資貸付金やアパート貸し出しの借り換え査定

 

不動産出資クレジットやアパートクレジットの借り換えを行うには、査定にクリアしなければなりません。

 

査定には、多彩な書類が必須で、新規で不動産出資クレジットやアパート貸付金を

 

借りた時と同じような煩わしいな申込み手順になるという点だけはあらかじめ決心して

 

から借り換えの申込み手順を行うようにしましょう。

 

確定申告書3期分が必須不動産出資貸し出しやアパート貸し出しを

 

借りている人というのは銀行にとってはビジネス元金融資先になります。

 

ビジネス元金融資先に関しては融資案件の査定の前にビジネス中身

 

(不動産経営の中身)を査定する事が幕開けとなります。

 

返金予定表やアパートの登記簿謄本と並行して確定申告書を3期分は持参して

 

折衝に行く不可欠があります。

 

ビジネス中身が赤字で「ビジネス融資をするに値しない」と決断されてしまった事例には、

 

心残りながら借り換えの査定に進む前に融資を断られてしまう事になります。

 

担保プライス不動産出資貸付金やアパート貸付金は担保代金の範囲内まで

 

しか融資を行わない事が一般的です。

 

入居率が高く家賃収入がちゃんとある

 

よほど採算性の高い物件でない限りは担保割れしている事例には融資を受ける事は困難なでしょう。

 

このため、地方都市のアパート貸し出しなどは借り換えを行う事が持て余す物件です。

 

家賃の収入状況家賃の収入がどの程度か、入居率がどの程度なのかという事も査定対象になります。

 

なお、当該物件の家賃の下落率や周辺地域の下落率を調査して、今後的なキャッシュフローを算出し、

 

いつの日にかも不動産出資貸付金やアパートクレジットを償還していく事ができるかという事も決断されます。

 

この今後的な資金繰りで返金金のほうが上回る状況であれば償還は無理と決断されて

 

査定にクリアする事はできません。

 

他に収入も予想以上に必須

 

借主がサラリーマンの事例には、給与所得も肝心になりますし、

 

他にも出資用の不動産を保有しているケースにはそこから得られる家賃収入が

 

どんだけになるのかという事も大切になります。

 

借り換え対象の物件以外からの収入が多ければ多々あるほど、仮にいつの日にか借り換え

 

対象の不動産から思ったような収入が上がる事ができなかったとしても、不動産出資貸付金や

 

アパート貸付金の返金に問題がないとして査定にパス可能な見込みがあります。

 

問題のスルガ銀行のケースには、給与所得者の所得のところを組織ぐるみで改竄し、

 

償還キャパシティーのない人に多額の融資を遂行していたわけですので、給与所得は

 

不動産出資クレジットやアパートクレジットにおいても肝心視されています。

 

今あるもの不動産出資クレジットやアパート貸付金の償還状況に遅れがない

 

借り換え対象の不動産出資クレジットやアパート貸し出しの償還に遅れがある事例には心残りながら

 

査定にパスする事はできません。

 

償還に遅れがある債権というのは、不動産出資貸し出しやアパート貸付金を借りている

 

銀行にとっては要注意の債権ですので、こういったクレジットの借り換えに応じてしまったら、

 

他の銀行の危険性を自社で引き受けるようなものです。

 

査定では返金用通帳のコピーを提示する不可欠がありますが、ここで返金に遅れた事が

 

露呈してしまうと査定にパスする事は大いに困難になるでしょう。

 

団信参加のケースには健康状況にも配慮不動産出資クレジットやアパートクレジットの

 

中には団信に参加しているものも影響します。

 

借り換え後も団信に参加する事が融資の要件として求められる事例には、

 

健康でないと団信の査定にクリアする事ができませんので、借り換え査定にクリアする事は

 

無理になります。

 

不動産出資貸付金やアパートクレジットを借りている人の中には、

 

80歳を超えるようなシルバー世代の地主も影響します。

 

そのような人はそもそも団信に入る事ができないため、借り換えをする事自体が

 

無理になる事例もあります。

 

専門家パー財源で融資する事例には団信の参加を求められる事が少なくないのです。

 

査定のハードルは上がっているこのところは、不動産出資クレジットやアパートクレジットを

 

巡るトラブルが相次ぐしています。

 

スルガ銀行の共有ハウスの事件や、レオパレスの家賃バックアップを強制的にキャンセルされ

 

全国で裁判が相次ぐしているトラブルです。

 

筆者は今の時代、知り合いの不動産屋さんに「近場のアパートを一棟買いやりたい人がいる

 

から銀行を解説してくれないか」と突然頼まれた事があります。

 

なぜ、突然そのような事を申し入れしてくるのかと要因を聞くと、

 

「こういった出資用不動産の融資は現在まではスルガ銀行に頼んでいたら、手っ取り早くに

 

融資が出たが、共有ハウスの事件から融資が出なくなって困っている」との事でした。

 

知り合いの銀行を解説しましたが、心残りながら査定にはパスする事ができませんでした。

 

銀行に見定めしたところ、とどのつまり今の時代のトラブル相次ぐで出資用不動産の

 

融資には注意深いになっているとの事でした。

 

不動産出資用の貸し出しは、少なくとも査定時点では、収入が確定しており、

 

担保プライスに問題がなければ、償還キャパシティーも保全技術(融資額を担保評価額を

 

上回っており、仮に現金で回収ができないステータスでも銀行は担保の処分で

 

ロスが出ないというステータス)が揃っているクレジットです。

 

収入と保全という融資をするためのロジックが総て揃っているため、ご年配の地主でも

 

アパート建築のための元金を借りる事が可能なのが不動産出資用の貸し出しです。

 

けれども、スルガ銀行やレオパレスのようなトラブルが社会問題になると、危険性を取る事に

 

受動的な方針の銀行のケースには融資にそれに対し及び腰になってしまうようです。

 

不動産出資貸付金やアパートクレジットの融資は銀行の方針によって

 

査定結果が大きく異なります。

 

このため、数多くの銀行と交渉する事が可能なモゲチェックなどを活用したほうが、

 

借り換える事が可能な銀行を探す事が可能なのかもしれません。

 

借り換え時の留意点

 

借り換え時には考えもしなかった出費が生じてしまう事があるケースもあります。

 

注意すべきポイントも把握しておきましょう。

 

ノンバンクの不動産出資貸付金やアパート貸し出しは違約金が必要になる事も

 

不動産出資貸付金やアパートクレジットはノンバンクでも融資を行っています。

 

けれども、ノンバンクの不動産出資用貸付金を借り換える事例には違約金が

 

必要になる確率があります。

 

ノンバンクの不動産出資クレジットやアパートクレジットの中には繰上げ返金をするケースには

 

借入残高の3%程度の違約金が現れてする契約になっているようなアイテムが影響します。

 

一例を挙げれば借り換え時の残高が8000万円であれば違約金だけで240万円も

 

不可欠になってしまう事があります。

 

この違約金も借り換えのプライスに含む事が可能な事例がありますが、借り換え融資を

 

受けてから「結局違約金が不可欠だった」という事に気づいた事例には時をかけて行った

 

査定が一番目から総てやり直しになってしまう事もあります。

 

借り換え前にはちゃんとと今あるもの貸付金の契約中身を見定めしておくようにしましょう。

 

不動産出資貸し出しやアパートクレジットの借り換え申込み手順不動産出資貸付金や

 

アパートクレジットの借り換えの申込み手順はどのように進めて行くものなのでしょうか?

 

モゲチェックなどに申込み手順を頼むのであれば、借り換えの申込み手順は

 

おおかた代理してくれますが、そうでない事例には自身で申込み手順を行っていく事になります。

 

借り換え後の銀行や、借り換え前の銀行に話し合いする順番など、借り換えの申込み

 

手順の流れをあらかじめちゃんとと認識しておくようにしましょう。

 

銀行を選定したら話し合いに

 

借り換えを行う銀行を選定したら、償還予定表と不動産登記簿謄本と確定申告書を

 

持参して初めに折衝に行きましょう。

 

突然訪問しても折衝には乗ってくれますが、あらかじめ「現在、ほかの銀行で不動産出資の

 

クレジットを借りているのだが、借り換えを話し合いやりたい」という旨を伝えておいたほうが無難です。

 

先ほどご解説したように、銀行によっては不動産出資用の貸し出しの取り扱いには敏感な

 

銀行も数多く影響するため、電話で伝えた時に銀行が「当行は不動産出資用の貸付金は

 

取り扱っていない」と言う確率があります。

 

電話で感触を探っておけば、突然銀行に行って無駄足になるという事がないためです。

 

シミュレーションに承知できたらエントリー話し合いに行った場合にもうに借り換えの前提が

 

提示されるという事は最初にないのです。

 

銀行は、返金予定表や確定申告書や入居状況などのヒアリングから水準を満たすまで

 

査定を行い、査定で問題がないとわかった段階で、具体的な利率のすり合わせに入ります。

 

それにより、一番目の話し合い時には、色々なヒアリングで終わる事になるでしょう。

 

この場合、査定で有利にするために嘘をつくのはやめましょう。

 

カードクレジットやフリー貸し出しでは嘘をついてもバレない事もありますが、

 

値段の大きな不動産出資クレジットでは、査定で必須になる情報は全部裏をとるため、

 

嘘をついても嘘はバレてしまいます。

 

聞かれた事には一通り正直に解答ておいたほうが無難です。

 

ヒアリングが終わると具体的な融資の査定に入り、利率等の前提が決断します。

 

利率が決まると具体的なシミュレーションを銀行は提示してくれます。

 

月次どんだけ返金額が低減になるのか、金利分の総額はどの程度異なるのか、

 

どという前提が具体的に分かるため、シミュレーションに得心できたらエントリーを行う事になります。

 

査定時は1ヶ月くらい必要になる事もある

 

不動産出資貸し出しの査定には時がかかります。

 

担保評価は銀行の担保評価専門の部署の人間が実のところに現地に赴き評価を行う事が

 

多々あるですし、家賃の時価の下落率や周辺の入居状況等、詳細な査定を行う必須があります。

 

他にも、先ほどご解説したように、不動産出資用のクレジットというのはプロパーローンに

 

なる事が一般的です。

 

住宅ローンのようにバックアップ法人がついており、査定の規格はサポート法人との間で

 

取り決めた参考にリストに合致しているか如何にかだけというような査定とは異なり、

 

査定担当者自らが上司や本部に賛同してもらうための資料を一通り提供する必須があります。

 

このため、プロパーローンというのは稟議を組み立てするだけでも1週間以上の時が

 

必要になる事も滅多にないのです。

 

なお、稟議が修正される都度、銀行員から付け足しの資料を要求される事もあるため、

 

この点は煩わしいですが、厄介がらずに協力してあげましょう。

 

なお、稟議をあげても上司や本部から何回も修正が入る事も一般的ですので、

 

申請から査定パスまで1ヶ月程度の時がかかってしまう事も滅多にない

 

という事は解釈しておきましょう。

 

査定にクリアしたら今あるもの借入銀行へ連絡し償還日を決断

 

これからは、住宅ローンの借り換え申込み手順と全く変化しはないのです。

 

査定にクリアしたら、今まで不動産出資用の貸し出しを借りていた銀行へ初めて連絡をします。

 

「一括返金やりたい」と伝えるだけで普通にはOKです。

 

不動産出資用の貸付金というのは価格が大きなクレジットですので、銀行にとっても

 

数千万円から1億円以上のクレジットを一括償還されてしまったら非常に困る事になります。

 

地方銀行や信用金庫でこうした電話が入ると大抵支店内は大騒ぎになります。

 

借り換えで一括償還する事例には、なんとか借り換えを防ごうと利息の引き下げ

 

などを交渉してくる事が一般的です。

 

このような騒ぎが骨が折れるな時には「父母からの銀行預金で一括返金する」などと

 

伝えてもよいですし、借り換えは取りやめて利率の引き下げに応じるなど

 

という事も1つのテクニックです。

 

いずれにせよ借り換えると決めたケースには、現在まで不動産出資用のクレジットを

 

借りていた銀行と償還日を判断しなければなりません。

 

返金日が決まったら、その旨を借り換える銀行へ伝え、融資決行日を決める事になります。

 

ここまでの申込み手順が厄介と感じた時には、とどのつまりモゲチェックなどの仲介サービスを

 

使用するというのもよいでしょう。

 

なお、いつもは返金日の前日か前々日くらいに融資が遂行される事になります。

 

融資遂行後と並行して抵当権設定借り換え貸し出しの融資が行えるされたら

 

即日中に抵当権設定の書類を司法書士に渡し、即日中に司法書士が

 

法務局に書類も持ち込み、抵当権が融資行える日付で設定される事になります。

 

知り合いに司法書士がいたらその司法書士を使ってもよいですし、知り合いが

 

いないという事例には、銀行がお抱えの司法書士を解説してくれます。

 

普通は、銀行お抱えの司法書士は手数料が安い性質にあります。

 

今あるもの借入銀行へ振り込み

 

今まで不動産出資用の貸し出しを借りていた銀行と決めた返金日の前日か即日の朝に

 

不動産出資貸し出しの借り換え財源が現在まで不動産出資貸し出しを借りていた

 

銀行口座へ振り込まれます。

 

今あるもの借入銀行の不動産出資クレジットやアパート貸付金を返金返金日になると

 

今あるものの不動産出資クレジットが償還されます。

 

とはいっても、銀行預金口座から勝手に返金金の引き出しを行うという事は

 

できませんので、今まで不動産出資貸し出しを借りていた銀行に償還日に

 

行き返金申込み手順を行うか、あらかじめこれまで借りていた銀行へ払戻請求書を

 

渡しておけば償還日銀行が償還申込み手順を行ってくれます。

 

今あるもの銀行の抵当権が解除され融資申込み手順完了

 

不動産出資用の貸し出しを償還すると、数日後に銀行から解除証書という書類が送られてきます。

 

この書類を司法書士に渡すと、今あるものの不動産出資用貸付金の抵当権を

 

解除する事ができ、借り換えた不動産出資用貸付金の抵当権が第1位になります。

 

ここまでの申込み手順を全部終えると、今あるものの不動産出資貸し出しを借りていた

 

銀行との結びつきは全部終了し、借り換え申込み手順も完了という流れになります。

 

不動産出資クレジットやアパートクレジットは利息交渉したほうが得

 

ここまで述べてきたように、不動産出資貸し出しやアパートクレジットは借り換え申込み

 

手順が厄介ですし、住宅ローンよりも借り換える銀行を探すのも困難です。

 

筆者は個人的に不動産出資貸付金やアパート貸付金の利率が高いと感じたら、

 

利率の引き下げ交渉を行ってしまったほうが手間なくだと考えます。

 

借り換えを見定めしていると言えば利息引き下げに応じてくれる不動産出資用の

 

クレジットは価格が大きいため銀行にとっては借り換えられてしまったらとても痛い貸付金です。

 

銀行の支店には「融資残高〇〇億円を持続せよ」などというノルマがいつも課されており、

 

月次約定返金で減ってしまう分は新規融資を行い増やしていく不可欠があるためです。

 

このようなノルマを抱える中で1億円前後の不動産出資用のクレジットが償還されて

 

しまったら支店にとってはノルマのやり抜くはすぐさま苦しくなってしまいます。

 

それにより、「利息が高いから借り換えを吟味している」と言えば、返金に問題がない限りは

 

絶対何かの申込み手順は行ってくれます。

 

このような時に使用可能なのがモゲチェックのフリー見立てで成形可能な教授書です。

 

具体的にどんだけ良い面が出るかまで充分にと専門家が所見してくれているため、

 

銀行と交渉するためには大きな武器になります。

 

この教授書を持参し、「これに借り換えようと思っている」と言えば、助言書と同じ程度

 

までは利息の引き下げに応じてくれる見込みは少なくないでしょう。

 

なお、銀行の方針によっては「利率の引き下げには全部応じない」としている銀行も影響します

 

ので、こういった銀行から借りている時には借り換えを比較考量したほうがよいかもしれません。

 

厄介な申込み手順が必須ない不動産出資クレジットやアパート貸し出しの借り換えは

 

書類の下拵え等が非常に骨が折れるです。

 

住宅ローンよりも私は厄介だと考えますので、利息の引き下げによってこの申込み手順を

 

省略する事が可能なのであれば、利率を下げたほうが必ずに良いところがあると考えます。

 

初めにモゲチェックなどで専門家の借り換えの予算を取り、その予算をもとに引き下げ交渉を

 

行い、引き下げに応じてもらえない事例や、引き下げ中身に賛同できないケースに、

 

他の銀行へ借り換え交渉を行うという順番が最もパフォーマンス的な手法だと考えます。

 

不動産出資クレジットやアパート貸し出し借り換えのイロハ

 

最後に不動産出資クレジットやアパート貸し出しを借り換える時の他の情報も解説しておきます。

 

期間の延長は普通に無理償還額の低減を立案するため、最終期日を延長するという

 

借り換えは普通に行う事はできません。

 

契約最初よりも償還要件を甘くする事を「要件緩和」と言います。

 

銀行にとって要件緩和を行った債権というのは、要注意の債権ですので、

 

間で借り換えを挟んでも実質的に要件を緩和するという事はできません。

 

期間を縮めて償還要件をむしろ厳しくするという借り換えはできるです。

 

利息タイプの手直しもできる現在まで固定利率で借りていたけど移り変わりに変更したいとか、

 

変化利息で借りていたけど長期的に利息を固定させたいから固定利率にやりたいというように、

 

利率タイプを借り換え時に修正する事もできるです。

 

とはいっても、不動産出資貸付金やアパート貸付金は住宅ローンのように、

 

移り変わり〇〇%固定〇〇%などと利息が決まっているわけではないのです。

 

銀行によっては固定利息しか認めないなどと利息タイプを指定されてしまう事もあります。

 

他にも、住宅ローンのように、査定にパスした後に利息タイプを選択可能なわけでもないのです。

 

要望の利息タイプがある時には、あらかじめ申込時に銀行へお願いする利率タイプを

 

伝えておくようにしましょう。

 

整理

 

不動産出資貸付金やアパート貸付金は借り換えを行う事ができるです。

 

ただし、不動産出資クレジットやアパートクレジットは住宅ローンのようにあらかじめ

 

利率などが決まったパッケージアイテムになっておらずエキスパートパー融資によって

 

個別に融資要件を設定するケースが少なくないのです。

 

このため、如何にやって借り換える銀行を探すのかという事から悩ましいのが実情です。

 

このような時にはモゲチェックのような借り換えをマッチングしてくれるサービスを活用しても

 

よいですし、知っている銀行へ直接聞いてみるものよいでしょう。

 

なお、価格の大きな不動産出資貸付金やアパートクレジットは銀行が

 

利率の引き下げに応じてくれやすいクレジットです。

 

このため、他の銀行の借り換えの教授書などを持参して利率の引き下げを交渉してみる

 

というのも1つの技術です。

 

いずれにせよ、プライスが大きな不動産出資クレジットやアパート貸し出しは利率だけで

 

1000万円以上の相違が生じる事も滅多にないのです。

 

利息が高いと感じた時には積極的に借り換えを熟慮したほうがよいでしょう。

 

詳しくは公式サイトで↓

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ


最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR