モゲチェックプラザ

MOGE CHECK PLAZA





住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの3秒診断

スポンサードリンク

モゲチェック 住宅ローン

モゲチェック

 

住宅ローン

 

数百万円の入金節減もザラ、「モゲチェック」は日本初の住宅ローン借り換えアプリケーション

 

アマゾンでユースド書籍を調達するケース、300円か400円で迷う事がある。

 

どの店から買うべきか対比していると1分くらいは必要になる。

 

対比すべきは書籍のステータスや納期、現在までの書店に対する評価などだ。

 

支出に注意深いになるのは良い事だけど、何をどこで買うかという対比吟味にかける時は、

 

経済合理性から言えば支払う代金に比例していていいはずだ。

 

安いものはカンで選択し、10万円、100万円、1000万円とかける時を増やすべき。

 

仮に100円の差異に1分をかけるありがたみがあるのなら、100万円の異なる点を生む調達なら

 

10000分、つまり1カ月間フルタイムで働く時くらいをかけても良いはずだ。

 

今現在住宅ローンを抱えている人の多くは、注意深いにチョイスしてで借り換えをすれば、

 

今後の支払総額が数百万円くらい変わってくる事を薄っすら知っていながら、

 

何もしていないのではないだろうか?

 

このところ道のり的な超低利率という事を知りながら、住宅ローンは計算も事務申込み手順も

 

厄介だからと、つい後回し。

 

そのような人が多々あるようだ。

 

6月22日にAndroid版アプリケーションがローンチした住宅ローン借り換えツール「モゲチェック」

 

(iOS版は近日公開)は、まさしくそのような人のための貸し出し対比ツールだ。

 

ありそうでなかったこのアプリケーションを使えば、全国120行1000本以上の住宅ローンを順位して、

 

どこの銀行に借り換えるとどんだけ安価になるかが一目で分かる。

 

ツールを起動したら、真っ先に直近で使用しているローン金融機構名を入力する。

 

続いてローンの年月、最初借入額、利息タイプを入れると、以下の画面のように借り換え

 

長所額一覧が表示される。

 

順位表示をすれば、利率タイプ別(移り変わり利率、5年固定、10年固定、全期間固定)に

 

各行の住宅ローンが一覧されて、最も安い銀行が表示される。

 

以下の見本画面では楽天銀行やイオン銀行などが上位に入っているが、これはストア型に

 

比較してオンライン型は販管費が安いぶん、貸し出しの要件も有利だからだ。

 

変化利率を選り抜く事例、未来の利率を水準を満たすまで予想して、その結果が如何に

 

総支払額に影響するのかシミュレーションする必須があるが、それが可能なのが

 

モゲチェックの「アナリシス」という性能。

 

例を挙げると、いま利率が2%上がると想定すると600万円の差が出るとか、中期的に4%ぐらい

 

上がると一考するのであれば全期間固定でクレジットをこしらえるのが有利という事が分かる。

 

モゲチェックを出荷したFinTech幕開け膨れ上がる、MFS創業者の中山田明氏によれば、

 

現時点で、住宅ローンを組んでいるのは全国約800万世帯と見積もられていて、

 

そのうち借り換えで100万円以上安価に可能な「良い面潜在層」は400〜500万世帯あるという

 

(情報開示:これを書いているTechCrunchJapan西村とMFS中山田氏は子を介した数年来の仲間)。

 

400万世帯で100万円の差額だとしたら、これは総額4兆円に相当する。

 

「本当は借り換えには大きな良い面があるのに、実のところに借り換えをしている人は少ない。

 

現況だと借り換える人たちは1年間で20万世帯ぐらいしかない。

 

気付いてるけどめんどくさいんですよね。

 

利息1.5%だから得するんだろうなとまでは思い描くものの、アクションに繋がっていない」(中山田氏)

 

なぜ現在までこうしたツールがなかったのだろうか?

 

対比自体はオンライン上にそうしたサービスがあるのでは?という質問が湧く。

 

「おっしゃる通り住宅ローン対比Webページはありますが、これは流行順位といった

 

よく分からない規格で順位されたもので、それを使ってもどこの銀行に借換えすれば

 

ナンバーワン得するのかという解答は出ません。

 

住宅ローンは事務手数料があったり、優遇奥行きが修正されたり、たくさんなパターンが

 

あるので、それらを全部加味して対比するには総返金額で対比するしかないのです。

 

それを手っ取り早くな情報入力でやってくれるのがモゲチェックです」(中山田氏)。

 

住宅ローンというのは、ほかの一般的な借金とは特性が違っていて、期限前弁済に

 

ペナルティーが影響しない。

 

貸した側からすれば、今後10年とかで払ってもらえるはずだった利率分なしに

 

繰り上げて償還されると困るわけだが、住宅ローンは借り手が有利にできている。

 

どんなときでもペナルティーなしに返金が可能な「コール・オプション」が貸付前提に

 

権利として付帯する。

 

「これは成り立ち的に常にそうなっている事。

 

このオプションは権利なのに、多くの人が行使できていないのが現況」(中山田氏)なのだそうだ。

 

住宅ローンは対比がかなりむずかしい。

 

通信キャリアの複雑怪奇な通信構想のマトリクスが可憐に見えるほど理解いただけづらい。

 

一例を挙げれば、全期間固定利息であれば、単純にWebWebページに掲載されている

 

各行の利息を対比すれば済むように思える。

 

けれども実のところには「優遇奥行き」という割引率設定が銀行ごとに異なっているため、

 

実質利率を計算するには優遇奥行きも勘案する不可欠がある。

 

そして、初期事務手数料がクレジットごとに大きく異なる上に、その料金も「29万円」のように

 

必ず額だったり、借入額にそれに対し0.76%と比率だったりと一定しない。

 

しかも、移り変わり利率と固定利息の折衷構想として「固定特約」と呼ばれる

 

タイプの住宅ローンを使用するのも一般的だが、移り変わり→固定切替時の前提移り変わりを

 

勘案したいくつか行の対比シミュレーションとなると、しかもむずかしい。

 

自らが比較考量すべき銀行数だけで言っても5〜10本はある住宅ローンについて、

 

これらを対比見定めするのは「専門家の自らでもExcelでやりたくない作業」(中山田氏)なのだそう。

 

だから全国120の銀行から月次異なる住宅ローンの利息などの前提をサーバー上で最先端様子に

 

しつつ、アプリケーションで一発対比可能なようにするというのは、現在まで誰もやっていなかった

 

事なのだという。

 

中山田氏が何故そのような事をやるかといえば、それは氏が過去にSBIモーゲージと

 

楽天モーゲージでCFOを務めた経歴がある住宅ローンのエキスパートで、借り手側の立場に

 

立ったサービスがない事を決着したいと思ったからという。

 

銀行と借り手を繋ぐプラットフォームにさて、モゲチェックは借り手側の良いところを

 

打ち出しているが、ここに銀行側を引き込む事でマーケットプレイスのような

 

プラットフォームを仕上げるというのがMFSの意識しだ。

 

ユーザーは名前など個人情報を入れる必須はないが、年収や就業形態を入力しておく事で、

 

査定レベルに合致する住宅ローンを持つ銀行からピンキーポイントでメッセージが届くようになる。

 

ユーザーは明示的に「解説を受ける」というボタンを押して、時端や曜日、電話番号を

 

入れておく事で、詳しい解説の電話をもらう事が可能な。

 

つまり、銀行はモゲチェック使用者にそれに対しダイレクトマーケティングが可能な。

 

実のところにモゲチェックを使ってMFSの提携銀行から借り換えを行うと、

 

ユーザーは5000円のお祝い金を受け取る。

 

その上MFSには提携銀行からフィーが入る仕組みだ。

 

住宅ローンの借り換えは人各々残高も利率も違うので、マーケティングメッセージが

 

不特定数多く向けとならざるを得なかったが、モゲチェックのように具体的な前提が

 

対比可能なら銀行側からダイレクトな助言ができるになる。

 

こう記述すると銀行側に良い面を与える仕組みに思う人もいるかもしれないが、

 

モゲチェックが一般化して利益を得る事になるのは、どっちかと言えば借り手側だ。

 

有利な前提で借り換えが可能なし、仮に借り換え良い面がない事が分かれば現時点で

 

すでにパフォーマンス的なクレジットを組んでるという事で心配無用すればいい。

 

情報の非対称性や事務処理の骨が折れるさをベールにして、4兆円スケールの

 

通常要らないな金利分を銀行に払わされ続けている事に借り手側は気づくべきなのだ。

 

モゲチェックのサービスモデルは、1度借り換えの妥当性を参考にしたら、それで終わりなのかと

 

思ったのだけど、利息変化による借り換え計画のための「モニター」としてもパフォーマンスする。

 

月次プッシュ通知で来るので、株の指値注文のように「張る」事が可能な。

 

例を挙げると、100万円以上借換長所が出るようになったら借り換えよう、という

 

意思決断が可能なのだ。

 

しかも、今後、大幅に利息が上昇する事があれば、変化利率から固定利率に

 

借り換えて予算にゆとりのある人が心配無用感のために「月次の入金が2、3万円上がって

 

でも出血を止める」というようなシナリオもあり得て、そのケースにもモゲチェックは

 

有効なモニターツールになるだろうという。

 

政府や日銀がいうようにインフレ率が2%となれば、利息が4、5%にならないと

 

銀行に銀行預金が集まらなくなる。

 

すると、住宅ローンの利率をそれ以上に上げないと銀行は逆ざやになる。

 

かくの如きシナリオを想定した利率ヘッジができていない住宅ローン活用者も多々ある、

 

というのが中山田氏の見立てで、数百万円得をするというのと反対に、今後は

 

「つらい局面での使用も出てくる」と見ているそうだ。

 

MFSは今現在まで自己元金で体系製作をしていて、金融系VCや

 

ビジネス企業と財源調達の話も進めている。

 

法人帰りに活用しやすいターミナル駅に有人ショップを置くような事も心積もりていて、

 

申込み手順や銀行との交渉の肩代わりする事で多くの人に最適な貸し出しへの借り換えを

 

促すアイデアも思い巡らすしているそう。

 

詳しくは公式サイトで↓

 

公式サイトモゲチェック・プラザ

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ


最安の住宅ローンが選べるモゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR